AMLオフィサー認定試験

「AMLオフィサー認定試験」は、金融庁が求める、金融機関に実効的なマネロン等対策の早期の態勢整備のために、それぞれの役割に応じて必要とされる知識・専門性のほか、取引時確認等の措置を的確に行うことができる職員の確保・育成を適切かつ継続的にサポートするための認定試験です。営業店の一般職員・パート職員から営業店の管理者を対象にしています。

試験級
金融AMLオフィサー【基本】
金融AMLオフィサー【実践】
実施日程
随時
申込期間
随時お申し込み可能です。
申込方法
インターネットからのお申込み
受験料
金融AMLオフィサー【基本】:3,780円(税込)
金融AMLオフィサー【実践】:4,320円(税込)
支払方法
以下4通りから選択できます。
・クレジットカード
・コンビニエンスストア
・Pay-easy
・受験チケット事前購入
受験資格
どなたでも受験可能です。
試験時間
金融AMLオフィサー【基本】:90分
金融AMLオフィサー【実践】:90分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
金融AMLオフィサー【基本】:50問
金融AMLオフィサー【実践】:50問
出題範囲
■金融AMLオフィサー【基本】
1.マネー・ローンダリングの基礎知識  
2.マネー・ローンダリングと取引時確認  
3.マネー・ローンダリングと疑わしい取引の届出制度  
4.マネー・ローンダリングとリスクベース・アプローチ 

■金融AMLオフィサー【実践】
1.マネー・ローンダリングの基礎知識  
2.マネー・ローンダリングと犯罪収益移転防止法  
3.マネー・ローンダリングと外為取引  
4.マネー・ローンダリングとリスクベース・アプローチ
学習の手引き
・通信講座
『マネー・ローンダリング徹底理解コース』

・書籍
『金融機関行職員のためのマネー・ローンダリング対策Q&A』
『AMLオフィサー認定試験 予習問題集(仮称)』
合否基準
各70点
結果発表
試験終了後、すぐにご確認いただけます。

お問い合わせ先 日本コンプライアンス・オフィサー協会
URL: http://jcoa.khk.co.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月22日 更新