ボイラー (小規模) 取扱者

ボイラー (小規模) 取扱者は、一定規模以下の小規模ボイラーを運転・操作または異常時の処置を行うのに必要な資格です。規模の大きなボイラーを扱う「ボイラー技士」の資格を取得するためのステップとしても活用できるので、ボイラーに関わる仕事をする人は、この資格から挑戦してもいいでしょう。

実施日程
実施先によって異なります。
※2ヵ月に1回程度、2日間
申込期間
実施先によって異なります。
受験料
実施先によって異なります。
受験資格
どなたでも受験できます。
※18歳未満の方は講習を修了してもボイラーの取扱業務に従事できないため、満18歳に達した後、修了証の交付を受けられます。
試験会場
各都道府県支部
試験方法
講習+修了試験
出題範囲
①ボイラーの構造に関する知識
②ボイラーの取扱いに関する知識
③点火および燃焼に関する知識
④点検および異常時の処置に関する知識
⑤関係法令
⑥修了試験

お問い合わせ先 都道府県労働局労働基準部安全課 (安全衛生課)や
一般社団法人 日本ボイラ協会
URL:http://www.jbanet.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月9日 更新