貿易実務検定®

貿易実務検定®は、輸出入に関わる実務をこなすために必要な知識とスキルを測る検定試験で、貿易実務に関する民間資格の中では、最も普及している検定といえます。マーケティング・商談・契約・代金決済・信用状・クレームなど、貿易実務について幅広く学べるため、実際の業務で役立つ知識が身につくでしょう。

試験級
【A級】
【B級】
【C級】
実施日程
3月 5月 7月 10月 12月

<次回開催>
2018年3月4日(日)
申込期間
<次回開催>
2018年1月5日(金)正午より2018年2月16日(金)深夜24時まで
受験料
【A級】12,343円
【B級】7,150円
【C級】5,980円 (各税込)
支払方法
協会指定の口座に振り込み
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
東京、横浜、名古屋、大阪、神戸 ほか

※開催回によって異なる
試験時間
【A級】計190分
【B級】計165分
【C級】計135分
試験方法
筆記試験
出題範囲
【A級】3~4年以上の実務経験レベル
①貿易実務
②貿易実務英語 ほか

【B級】実務経験者の中堅層で1~3年以上の実務レベル
①貿易実務
②貿易実務英語 ほか

【C級】定形業務をこなせる知識のある1~3年以上の実務経験レベル
①貿易実務
②基礎的な貿易実務英語
合否基準
【A級】各回毎の基準点(3科目の合計)
【B級】3科目の合計210点(70%)を基準として試験委員長の定める点
【C級】2科目の合計160点(80%)を基準として試験委員長の定める点

お問い合わせ先 日本貿易実務検定協会® 事務局
URL: http://www.boujitsu.com/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。