中小企業組合士

中小企業組合士の資格は、中小企業組合に従事する役職員の方が職務を遂行する上で必要な知識に関する試験を行い、試験合格者の中から3年以上の実務経験を有する者に与えられます。 組合士認定後、5年ごとに認定更新が必要となります。

実施日程
12月の第1日曜日
申込期間
9月~10月中旬
受験料
5,000円(一部科目免除者: 3,000円)

※新規認定料: 13,000円 (更新料: 3,000円)
受験資格
どなたでも受験できます
※認定には組合等での3年以上の実務経験が必要
試験会場
札幌、青森、仙台、秋田、郡山、さいたま、東京、長野、静岡、名古屋、大阪、松江、岡山、広島、山口、高松、福岡、長崎、大分、宮崎、那覇
出題範囲
〔試験科目〕
①組合会計
②組合制度
③組合運営

※3科目全て合格で中小企業組合検定の合格となります
※一部科目合格については、翌年から3年間有効
学習の手引き
〔参考図書〕
http://www.chuokai.or.jp/pub/pub.htm#book
結果発表
3月上旬

<2016年度>
2017年3月1日(火)
資格の更新
組合士認定後、5年ごとに認定更新が必要

お問い合わせ先 全国中小企業団体中央会
URL: http://www.chuokai.or.jp/test/test.htm

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2016年9月26日 更新