消費税法能力検定

消費税法能力検定は、企業内での会計処理時の消費税の扱い方や、税務署への提出書類作成などの税務処理に必要な知識を問う検定試験です。消費税法に関する基本的な問題が多く出題されるので、消費税法に興味のある方や学生の方でも気軽に受験することができます。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
<第100回> 2018年10月28日(日)

<第101回> 2019年2月3日(日)
申込期間
<第100回> 2018年9月3日(月)~10月1日(月)

<第101回> 2018年12月10日(月)~2019年1月7日(月)
申込方法
インターネット申込み
受検料
【1級】2,700円
【2級】2,200円
【3級】1,800円 (各税込)
支払方法
・コンビニエンスストア
・ペイジー(ATMおよびネットバンキング)
・電子マネー(Edy,Suica)
受検資格
どなたでも受験できます。
試験会場
協会が指定した全国各地の専門学校
試験時間
【1級】90分
【2級】60分
【3級】60分
試験方法
筆記試験(文章問題・仕訳問題・計算問題)
出題範囲
①消費税法のしくみ
②課税標準額の計算の基本的なもの
③税額控除等の計算
④地方消費税の簡単な計算
⑤法令等
⑥総則
⑦課税標準及び税率
⑧税額控除等

など
合否基準
各級とも1科目100点満点とし、全科目得点70点以上で合格
結果発表
試験日から1週間以内にマイページにて結果を表示

お問い合わせ先 公益社団法人 全国経理教育協会
URL: http://www.zenkei.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月18日 更新