衆議院事務局衛視/参議院事務局衛視

衆議院事務局衛視/参議院事務局衛視

公務員・教育

衆議院及び参議院衛視とは、国会議事堂内外の安全と秩序を守るために警備をするのが主な仕事です。警察官と同じような仕事だと思われがちですが、捜査や逮捕などは行いません。採用枠が1桁のため倍率は非常に高く、難関試験の一つとなっています。

実施日程
<衆議院事務局衛視>
9上旬~下旬

<参議院事務局衛視>
8月中旬~9月中旬以降
申込期間
<衆議院事務局衛視>
7月中旬~下旬

<参議院事務局衛視>
6月下旬~7月中旬
受験資格
受験年4月1日現在、17歳以上22歳未満で高校、中学校の卒業者または卒業見込者、あるいは事務局がそれと同等の資格があると認める者
出題範囲
<衆議院事務局衛視>
〔第1次試験〕
 筆記試験 (基礎能力/多肢選択式)

〔第2次試験〕
①身体検査および体力検査
③個別面接試験


<参議院事務局衛視>
〔第1次試験〕
①基礎能力試験 (多肢選択式)
②一般常識試験 (短文記述式)
③作文

〔第2次試験〕
①人物試験 (個別面接)
②基礎体力検査
③身体検査

お問い合わせ先 衆議院事務局 庶務部人事課 任用係
URL:http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/saiyo/index.html

参議院事務局 庶務部人事課 任用係
URL:http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/saiyou/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2016年9月30日 更新