介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、ホームヘルパー2級が2013年より廃止したことにより新設された資格で、介護の入門ともいえる資格です。介護を行う際に必要な知識や技術を学ぶができ、介護職や家庭内での介護に活かすことができます。高齢社会を支える資格として、今後も注目されるされるでしょう。

実施日程
各実施団体により異なります。
申込期間
各実施団体により異なります。
受験料
各実施団体により異なります。
受験資格
どなたでも受講できます。
試験会場
各実施団体により異なります。
試験方法
講習+修了試験
出題範囲
①職務の理解
②介護における尊厳の保持・自立支援
③介護の基本
④介護・福祉サービスの理解と医療との連携
⑤介護におけるコミュニケーション技術
⑥老化の理解
⑦認知症の理解
⑧障害の理解
⑨こころとからだのしくみと生活支援技術
⑩振り返り
備考
すでに介護職員1級・2級、介護職員基礎研修を修了している者は、介護職員初任者研修の修了要件を満たしているものとみなされます。

お問い合わせ先 各都道府県、市区町村の福祉担当課、および講座実施団体

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月1日 更新