日本中央競馬会調教師

日本中央競馬会主催の中央競馬に出走する競走馬を馬主から預かり、育成・訓練および管理をするのが主な仕事です。競走馬に対する知識、経験、実力などが求められます。中央競馬会調教師になるには試験に合格する必要があり、騎手ほどではありませんが狭き門となっています。

実施日程
〔第一次試験〕 9月下旬 
〔第二次試験〕 11月下旬~12月上旬
受験料
免許手数料:3,000円
受験資格
下記に該当する者は免許を取得できません。
①受験日に28歳未満の者
②成年被後見人、被保佐人および破産者で復権を得ない者
③禁錮以上の刑に処せられた者
④競馬法、日本中央競馬会法、自転車競技法、小型自動車競走法又またはモーターボート競走法の規定に違反して罰金の刑に処せられた者 ほか
出題範囲
〔第一次試験〕
①学力及び技術に関する筆記試験
②身体検査

〔第二次試験〕
①学力及び技術に関する口頭試験
②人物考査

お問い合わせ先 日本中央競馬会 審判部免許課
栗東又は美浦トレーニング・センター公正室

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。