警備員

この検定試験は、警備のプロフェッショナルを目指し、より信頼される警備員を育成するために設けられた制度です。警備の対象に応じて6種類に分類されており、それぞれ2級と1級があります。合格した人の多くは警備保障会社に勤務し、施設やイベント等の警備だけでなく、空港や危険物の運搬警備も行います。

試験級
【空港保安警備業務2・1級】
【施設警備業務2・1級】
【雑踏警備業務2・1級】
【交通誘導警備業務2・1級】
【核燃料物質等危険物運搬警備業務2・1級】
【貴重品運搬警備業務2・1級】
実施日程
各都道府県により異なる
受験料
【空港保安警備業務2・1級】
【施設警備業務2・1級】
【核燃料物質等危険物運搬警備業務2・1級】
【貴重品運搬警備業務2・1級】  以上の科目は各16,000円

【雑踏警備業務2・1級】 各13,000円
【交通誘導警備業務2・1級】 各14,000円
受験資格
誰でも受験できる

国家公安委員会登録講習機関の警備員特別講習事業センターおよび航空保安警備教育システムが実施する登録講習の修了者は、当該検定に合格したものとみなされ、資格が取得できる

警備員特別講習事業センター:TEL050-5523-5413
航空保安警備教育システム:TEL03-5708-0126
試験会場
各都道府県により異なる
試験方法
学科試験+実技試験
出題範囲
以下の警備業務内容に準じて、学科試験、実技試験の内容が決まる

【空港保安警備業務2・1級】
空港等の施設で航空機の強取等 (航空機に持ち込まれる物件の検査にかかわるものに限る) の事故の発生を警戒し防止する業務

【施設警備業務2・1級】
警備業務対象施設の破壊等の事故の発生を警戒し、防止する業務

【雑踏警備業務2・1級】
人の雑踏する場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務

【交通誘導警備業務2・1級】
工事現場その他、人または車の通行に危険のある場所における負傷の事故の発生を警戒し、防止する業務

【核燃料物質等危険物運搬警備業務2・1級】
運搬中の核燃料物質等危険物の盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務

【貴重品運搬警備業務2・1級】
運搬中の現金、貴金属、有価証券等の貴重品の盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務

お問い合わせ先 各都道府県公安委員会

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2016年9月20日 更新