企業情報管理士認定試験

企業情報管理士認定試験では、企業情報の保護および管理を推進するために必要な知識の理解度・習熟度を測ります。近年情報保護への関心は高まっており、幅広い業界・業務でこの資格を活かすことができるでしょう。特に、情報保護が求められる企業の管理者やアセスメント業務に携わる方におススメの資格です。

実施日程
2018年11月および、2019年2月の年間2回開催予定
受験料
10,000円 (税別)

※団体割引
10~19名…8%割引
20名~99名…10%割引
100名以上…15%割引
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
東京、横浜、名古屋、大阪、福岡 ほか
試験時間
120分
試験方法
マークシート(四肢択一方式)
問題数
100問
出題範囲
Ⅰ コンプライアンス
Ⅱ リスクマネジメント
Ⅲ 安全管理措置対策
Ⅳ 企業の経営情報化
学習の手引き
参考書籍があるので、こちらへご確認ください
URL:http://www.joho-gakushu.or.jp/pcip/pcip-book.html

受験対策講座があるので、こちらへご覧ください
URL:http://www.joho-gakushu.or.jp/pcip/pcip-seminar.html
合否基準
課題Ⅰ~Ⅳで合計80%以上

お問い合わせ先 一般財団法人 全日本情報学習振興協会
URL: http://www.joho-gakushu.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月16日 更新