救急救命士試験

救急救命士は、医師の指示に従い病院や診療所に搬送される途中の傷病者に救急救命処置を施す専門家です。止血処置や脈拍の測定といった一般的な医療活動はもちろん、心配停止状態の傷病者に対して点滴や気道の確保などの救急医療行為を行うこともあります。人の生命を左右する仕事だけに、その責任は大きいでしょう。

実施日程
年1回(3月)

<第41回>
2018年3月11日(日)
申込期間
<第41回>
2018年1月4日(木)~2018年1月24日(水)
受験料
30,300円
支払方法
財団指定の口座に郵便局又は銀行で振り込み
受験資格
①大学に入学することができる者で、文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した救急救命士養成所において、2年以上救急救命士として必要な知識及び技能を修得した者
②大学、高専などで1年 (高専は4年) 以上修行し、かつ、厚生労働大臣の指定する科目を修め、規定の機関で1年以上救急救命士として必要な知識・技能を修得した者 ほか
試験会場
北海道、東京、愛知、大阪、福岡
出題範囲
①基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む)
②臨床救急医学総論
③臨床救急医学各論(一)(臓器器官別臨床医学をいう)
④臨床救急医学各論(二)(病態別臨床医学をいう)
⑤臨床救急医学各論(三)(特殊病態別臨床医学をいう)

お問い合わせ先 一般財団法人 日本救急医療財団
URL: http://qqzaidan.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。