食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、食品の製造、加工、調理、販売を行う人や企業にとって必要となる資格です。衛生管理を行い安全な食品を提供するための知識が要求され、飲食店の営業を行う際は食品衛生責任者の配置が義務付けられるので、この資格が必要不可欠となっています。

4〜5年以内に受験

試験を受けて取る、というより、講習を受けて取る、なので、受験というより受講かな? 簡単に取れちゃう資格だけど、需要もそれ相応にとても大きいので、取っておいて損はないと考える。 防火管理者(甲種)の資格とセットで持っておくと、GOOD!

5年以上前に受験

退会ユーザー
このコメントは参考になりましたか?
0

基本情報INFORMATION

実施日程
毎月実施。各都道府県によって異なります。
受験料
10,000円
受験資格
17歳以上の方(現役の高校生は除く)
試験方法
食品衛生責任者養成講習会の受講+修了試験
出題範囲
①衛生法規
②公衆衛生学
③食品衛生学
備考
栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士、食品衛生管理者等の有資格者は、受講しなくても食品衛生責任者になれます。
また、各都道府県どこで取得しても全国共通で認定されます。

お問い合わせ先 各都道府県衛生主管部または指定機関
東京都の場合: 一般社団法人 東京都食品衛生協会
URL:http://www.toshoku.or.jp


※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年3月14日 更新