〜1日1問〜 検定チャレンジ

ワークルール検定初級からの出題

※日本ワークルール検定協会公式HP 初級問題からの出題

時間外労働について、正しいものをひとつ選びなさい。

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】
使用者は、労働者の過半数を代表する者と協定を結ばなければ、労働者に時間外労働をさせることができない。

【解説】
使用者が労働者を1日8時間・週40時間以上働かせるためには、労基法36条に定める協定を労使間で結ぶ必要があります。
割増賃金は、労基法に定める時間以上働いた際に発生するものですので、労働契約よりは長いが労基法の上限(1日8時間)に満たない時間の「残業」では、割増賃金は発生しません。
不正解
【正解】
使用者は、労働者の過半数を代表する者と協定を結ばなければ、労働者に時間外労働をさせることができない。

【解説】
使用者が労働者を1日8時間・週40時間以上働かせるためには、労基法36条に定める協定を労使間で結ぶ必要があります。
割増賃金は、労基法に定める時間以上働いた際に発生するものですので、労働契約よりは長いが労基法の上限(1日8時間)に満たない時間の「残業」では、割増賃金は発生しません。

明日もチャレンジしてくださいね!