〜1日1問〜 検定チャレンジ

不動産流通実務検定からの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
判断能力が不十分な高齢者が売主となる場合に気をつけるべきことに関する以下の記述で紛争防止の観点から最も適切なものはどれか。

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】
3. 成年後見制度を利用して取引を行うべきである。

【解説】
1. 不適切
充分とはいえない。同居の家族のみでは否認のリスクがある。

2. 不適切
実務的には多く使われているが、裁判で否認されたケースがあるので充分とは言えない。

3. 適切
記述の通り。ただし、成年後見制度の利用には時間を要すること、被後見人の自宅の売却には家庭裁判所の許可が必要とされることなどを充分考慮しておく必要がある。
(成年被後見人の居住用不動産の処分についての許可)
民法 第859条の3 成年後見人は、成年被後見人に代わって、その居住の用に供する建物又はその敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない。

(法務省のHP 「成年後見制度~成年後見登記制度~」)
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a20 より
不正解
【正解】
3. 成年後見制度を利用して取引を行うべきである。

【解説】
1. 不適切
充分とはいえない。同居の家族のみでは否認のリスクがある。

2. 不適切
実務的には多く使われているが、裁判で否認されたケースがあるので充分とは言えない。

3. 適切
記述の通り。ただし、成年後見制度の利用には時間を要すること、被後見人の自宅の売却には家庭裁判所の許可が必要とされることなどを充分考慮しておく必要がある。
(成年被後見人の居住用不動産の処分についての許可)
民法 第859条の3 成年後見人は、成年被後見人に代わって、その居住の用に供する建物又はその敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない。

(法務省のHP 「成年後見制度~成年後見登記制度~」)
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a20 より

明日もチャレンジしてくださいね!