経済学検定試験

この試験は、経済学の理論・数理的な基礎知識の習得度と、初歩的な応用能力の程度を測るものです。知識習得の具体的な判定目標や、ビジネスにおいて必要とされる経済学の基礎知識とその応用力を養成する検定試験として、就職を目指す学生はもちろん、社会人および企業の人事担当者からも注目度は高くなっています。

試験級
【ERE】
【EREミクロ・マクロ】
実施日程
年2回: 7月上旬 12月上旬

<第33回>
2017年12月3日(日)
申込期間
<第33回>
2017年9月20日(水) 9:00 ~ 10月20日(金) 23:30
受験料
【ERE】 5,400円
【EREミクロ・マクロ】 3,240円
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
全国主要都市15カ所
試験時間
【ERE】180分
【EREミクロ・マクロ】100分
試験方法
筆記試験
問題数
【ERE】90問
【EREミクロ・マクロ】50問
出題範囲
【ERE】
①ミクロ経済学
②マクロ経済学
③財政学
④金融論
⑤国際経済
⑥統計学

【EREミクロ・マクロ】
①ミクロ経済学
②マクロ経済学
合否基準
合否判定ではなく、偏差値によるランク判定

お問い合わせ先 特定非営利活動法人 日本経済学教育協会
URL: http://www.ere.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。