看護力検定(R)

看護力検定は臨床の看護師の方を対象としており、現場ならではの、知識・判断力・対応力を客観的に測定するテストです。WEB上で1回15分の問題を3回に分けて、わずかな時間で受検が可能です。自分の試験結果を分析し、全国の受検者との比較ができるので、今の自分の実力を知りたいという方におススメです。(監修:北里大学病院・東病院看護部)

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

基本情報INFORMATION

実施日程
年2回開催

第4回:2020年11月5日(木)~2020年11月25日(水)
申込期間
第4回:2020年7月1日(水)~2020年11月19日(木)
申込方法
インターネット申し込み
受検料
1,500円(税別)
支払方法
クレジットカード決済もしくはコンビニ決済
試験会場
インターネット環境があればどこでも受検できます。
試験時間
15分×3回…受検期間中好きな時に受けられます
試験方法
コンピュータ試験(IBT方式)
スマートフォン、タブレット、PCいずれでも受検可能です。
問題数
20問×3回
難易度
看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)Ⅰ~Ⅲレベルに相当
出題範囲
■事例問題:臨床現場ならではの事例から出題
■一問一答:各科共通性の高い知識を一問一答で出題
合否基準
成績によって、ダイヤモンド、ゴールド、シルバー、ブロンズの4段階で評価されます。
(今後さらに受け続けると積み重なる成績によって、レジェンド、スターのステージが認定されます。)
結果発表
結果は基礎知識、アセスメント、スキル・ケア提供、コミュニケーション、基本姿勢の5項目で評価され、チャート分析で可視化されます。全国平均と自分の成績を比較することもできます。

お問い合わせ先 株式会社メディカ出版
URL: https://kangoryoku.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年8月17日 更新