貸家経営試験

貸家経営試験は、住宅市場の現状を広く社会に伝える活動のスピードアップを狙うと共に、合格者を同志として結集して「賃貸経営の革新」を実現するために実施されています。試験は、誰でも受験できる「貸家経営アドバイザー」と、一定の資格者のみが受験できる「貸家経営診断士」の2種類があります。

試験級
【貸家経営アドバイザー】
【貸家経営診断士】
実施日程
随時
受験料
【貸家経営アドバイザー】
受験料: 5,000円
更新料: 15,000円
資格登録費用: 15,000円 (各税別)

【貸家経営診断士】
受験料: 8,000円
更新料: 20,000円
資格登録費用: 20,000円 (各税別)
支払方法
以下4通りから選択下さい。
・クレジットカード
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy (ペイジー) 決済
・受験チケット
受験資格
【貸家経営アドバイザー】
どなたでも受験できます。

【貸家経営診断士】
下記のいずれかに該当する方
貸家経営アドバイザー(資格登録者)・宅地建物取引士・税理士・公認会計士・FP・中小企業診断士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・建築士・弁護士・司法書士・行政書士
試験会場
全国200ヵ所以上のCBTSテストセンター
試験時間
【貸家経営アドバイザー】 60分
【貸家経営診断士】 90分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
【貸家経営アドバイザー】 40問
【貸家経営診断士】 60問
出題範囲
【貸家経営アドバイザー】
[住宅市場論]
 ・住宅市場の現状分析
 ・賃貸住宅の現状分析
 ・賃貸住宅のトレンド
 ・戸建貸家の啓蒙

【貸家経営診断士】
[住宅市場論]
 ・住宅市場の現状分析
 ・賃貸住宅の現状分析
 ・賃貸住宅のトレンド
 ・戸建貸家の啓蒙
[貸家経営論]
 ・土地の選択と診断
 ・戸建貸家の設計
 ・経営計画論
[税務知識]
 ・節税対策と所有者
 ・所得税
 ・相続税
 ・贈与税
 ・固定資産税 ほか
合否基準
【貸家経営アドバイザー】 60%以上
【貸家経営診断士】 70%以上
結果発表
試験終了と同時に確認できます。
資格の更新
資格登録者には、3年毎に更新試験を実施します。

お問い合わせ先 一般社団法人 貸家経営塾
URL: https://www.kashiya-keiei.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年4月4日 更新