日本の資格・検定

Q&A

解決済 行政書士の資格と司法書士のそれの関連性について

北極ペンギン

2 answers

資格・検定・試験

またもや私、北極ペンギンからの質問です。


単刀直入に申し上げますと、行政書士の資格と司法書士の資格を併せ持つことにより、特に得られるメリットというのは何でしょうか?


小耳にはさんだところによると、この2つの資格を両方持つことによって、ワンストップ業務、と言って、大きな仕事を一手に引き受けることが可能となる、というような話を聞いたことがあります。


それで、その詳細を知るべく、色々調べたのですが、双方の資格も、その取得に、難関の試験を突破する必要があるため、それでその両方の資格を持っていれば信用されるようになるから有利、という、若干説得力に欠ける答えが返ってきたこともありました。


本当にそれだけでしょうか?


それとも仮に、行政書士と司法書士の、それぞれの資格に、一定の関連性があり、両方の資格を持つことで、大きな仕事を一手に引き受けることが可能となる、いわばワンストップ業務なるものが存在するのでしょうか?


行政書士の資格と司法書士のそれの、両方を持つことで、単に信頼・信用されるようになるだけなのか、それともワンストップ業務なるものが可能となるのかについて、ご教授願います。


また、仮にワンストップ業務なるものが存在する場合は、それが具体的にどのようなものであるのかなどをおしえていただけると、大変助かります。


今の私に、行政書士や司法書士のそれぞれの資格を取ったり、あるいはそういった関係の仕事をするつもりはありませんが、資格の効力や守備範囲について、勉強させていただく必要はあると思っています。


この私も、まだまだ勉強が必要な身です。どうかよろしくお願いいたします。

回答

当方、非常に良くいえば資格のセミプロ。少しマイナス的な表現を用いれば資格マニアの片隅にはおけそうな者です。
まだまだ勉強が必要だと思っています。

よろしくお願いします。


2021年10月 北極ペンギン

職業:
その他
保持資格:
・中型自動車第1種運転免許(8t限定) ※旧・普免
・危険物取扱者(乙種4類)
・二級ボイラー技士
・消防設備士(乙種6類)
・児童指導員(任用資格)
・食品衛生責任者
・防火管理者(甲種)
・社会福祉主事(任用資格)
・ガス溶接技能者
・有機溶剤作業主任者
・特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
・電気取扱者(低圧・実技1h)
・科学検定 科学基礎
・モデルロケット従事者(第3級)
△上記のものの他、詳細不明なものが2点ほど
勉強中の資格:
・登録販売者
・社会保険労務士
・火薬類取扱保安責任者(甲種)
取りたい資格:
・宅地建物取引士
・中小企業診断士
・FP技能士(2級)
・園芸装飾技能士(3級)
・公認会計士(及び他)
・第2種電気工事士
・フォークリフト運転者(1t以上)

フォローする

フリーワード検索

Q&Aカテゴリー