〜1日1問〜 検定チャレンジ

高齢者住まいアドバイザー検定からの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
住宅改修で介護保険が利用できるもので誤っているものを一つ選びなさい。

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】1.エレベーター設置工事

【解説】介護が必要になったら、自宅の環境設備から始める方が多いでしょう。
介護保険サービスには、大規模な工事を伴わない住宅改修を利用することができます。サービスの内容を知らず、利用しないままになってしまうこともあるので、介護保険サービスの内容を理解し、上手に活用していくことが大切です。

◎住宅改修で介護保険が利用できるもの
 1 手すりの取付
 2 段差の解消
 3 滑りの防止、移動がスムーズになる等のための床、通路の材料の変更
 4 引き戸等への扉の取換
 5 洋式便器等への便器の取換
 6 その他1~5の住宅改修をする上で必要となる住宅改修
(同一住宅あたりの費用上限を20万円として、そのうち1~2割が自己負担となります。)

*介護保険制度の改定により、平成30年8月より2割負担者のうち特に所得が高い層(年金収入等340万円以上)の自己負担割合が3割となります。
不正解
【正解】1.エレベーター設置工事

【解説】介護が必要になったら、自宅の環境設備から始める方が多いでしょう。
介護保険サービスには、大規模な工事を伴わない住宅改修を利用することができます。サービスの内容を知らず、利用しないままになってしまうこともあるので、介護保険サービスの内容を理解し、上手に活用していくことが大切です。

◎住宅改修で介護保険が利用できるもの
 1 手すりの取付
 2 段差の解消
 3 滑りの防止、移動がスムーズになる等のための床、通路の材料の変更
 4 引き戸等への扉の取換
 5 洋式便器等への便器の取換
 6 その他1~5の住宅改修をする上で必要となる住宅改修
(同一住宅あたりの費用上限を20万円として、そのうち1~2割が自己負担となります。)

*介護保険制度の改定により、平成30年8月より2割負担者のうち特に所得が高い層(年金収入等340万円以上)の自己負担割合が3割となります。

明日もチャレンジしてくださいね!