日本の資格・検定

投稿記事

2021年11月度  投資不動産取引士 資格試験申込み受付中!!

【公式】投資不動産流通協会

資格のあれこれ #不動産 #オンライン試験 #投資不動産取引士



2022年1月度「投資不動産取引士」試験 実施概要

〇試験日:2022年 1月11日(火)~ 1月16日(日)
※受験は期間中1日(90分間)のみ

〇試験方式:オンライン試験
〇試験時間:90分
〇申込期間:11月30日まで
〇受験資格:年齢、性別、学歴等に制約はありません。どなたでも受験できます。

〇費用:受験料:24,200円(税込)(テキスト代含む)
〇教材:受験申込者へ協会より公式テキストを送付

※希望者へオプションで専用動画有り(有料:11,000円(税込))

〇申込方法:下記URLよりお申込みください。​https://toshi-fudousan.or.jp/adviser/article_385.html​

※手続き等の試験詳細につきましては、受験要綱をご覧ください。



―――投資不動産取引士とは―――

投資用不動産の売買市場は大きく成長していますが、それにともない売買によるトラブルも増加しています。

これは、第三者が居住し利用している投資用不動産の売買は、居住用不動産売買を前提とした取引とは全く別なものであるからです。

実際に、取引に必要な知識や実務上のスキルも異なるなかで「投資不動産取引士」は、投資不動産市場で取引におけるプロフェッショナルである事を証明できる唯一の資格です。

この資格を取得することで投資不動産の専門家としてお客様に安心して取引を行っていただける資格となっており、加えて、法務大臣認証ADR機関の調停人基礎資格となっているので幅広い分野での活躍が期待できます。

■ADR(Alternative Dispute Resolution)とは
裁判外紛争解決制度と訳され、裁判手続によらずに紛争を解決する手法です。裁判のように強制的に解決をさせず、当事者間の自由な意思と努力に基づいて紛争の解決を目指すものです。


投資不動産取引士について
​https://toshi-fudousan.or.jp/adviser/​
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

【一般社団法人 投資不動産流通協会について】

(一社)投資不動産流通協会は、投資用不動産の適正な取引の推進と標準化を確立し、無くてはならない協会を目指すべく設立した団体です。

<主な事業内容>

①投資不動産専用書類の提供
②投資不動産流通協会認定試験≪投資不動産取引士≫制度の実施
③投資不動産売買サポートツールの提供
④研修・講習会の実施
⑤各投資不動産市場及び取引に関する情報の提供


投資用不動産の適正な取引の推進を目指し、不動産会社や不動産投資家を支援する団体です。

投資不動産のプロを育成する、業界唯一の資格「投資不動産取引士」試験を実施しています。

詳しくコチラ→https://toshi-fudousan.or.jp/adviser/article_385.html

保持資格:
投資不動産取引士

フォローする

人気記事ランキング