日本の資格・検定

投稿記事

幾多の厳選を勝ち抜いた推し文房具はこれだ【アルバイトB】

【公式】「日本の資格・検定」編集部大学生アルバイト

体験談 #文房具

こんにちは!アルバイトBです。

今月の投稿テーマが「文房具へのこだわり」ということで、僕の推し文房具について書こうと思います!


ユニ アルファゲル <クルトガエンジン搭載タイプ>

(画像:https://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/uni_a-gel/uni_agel.html)

まず一つ目はシャーペン、「ユニ アルファゲル <クルトガエンジン搭載タイプ>」です!僕はもうずっと同じものを買い続けています。

クルトガとαゲルがコラボした商品で、クルトガの機能性とαゲルの握りやすさを兼ね備えた素晴らしい一本。通常のクルトガは握る部分が固いので、長時間使っていると手が疲れてきてしまうのですが、その弱点を見事に克服したといえるでしょう。クルトガ特有の書いたときの沈む感じが苦手でなければかなりおススメです!



ゼブラ ジャストフィット モジニライン​​


(画像:https://item.rakuten.co.jp/komamono-honpo/wks22/)

続いては蛍光ペン、「ジャストフィット モジニライン」です!

ジャストフィットというだけあって、ペンの先端が柔らかく紙の上で簡単に折れ曲がるため、均一の力で線が引けるようになっています。さらにボールペンの上から線を引いてもにじみにくいようなインクを採用しているので、下の文字を気にせず線が引けるのだとか。

僕はこれまでにかなりの種類の蛍光ペンを試してきましたが、その中で最もよかったものがこの商品です。

最初に書いたのような特徴もあるのですが、僕がこの蛍光ペン気に入っている理由は、線を引いた時の「色」と「乾きやすさ」です。参考書や紙の薄い辞書に線を引くと、蛍光ペンによってはやけに暗くなってしまい、文字が読みにくくなってしまうことがあるんですね。ただ、このペンはいい感じに発色してくれるので、文字が読みにくくなるということはありませんでした。また、書いてからすぐに乾いてくれるので速乾性という点でもポイントが高いです。





ユニ スタイルフィット 

さいごはボールペン、「スタイルフィット 」です!

このスタイルフィットはカスタマイズペンと呼ばれるタイプで、一色一色好きな色を選んでホルダーに装着することで、自分好みの多色ボールペンを作りあげることができるという代物です。

もうこれはシンプルに、非常に書きやすい!あまたのボールペンを試してきましたが書きやすさは相当上位に入ると思います。

さらに、固定型の多色ボールペンだと「よく使う色だけ先に使い切って、他の色が残っているのになくなくペンごと第一線を退く」というあるあるがありますが、このペンは一色ごとに独立しているので使い終わった色から交換していけばホルダーは使い続けることができます。

ちなみに、僕の一軍ボールペンは黒赤青の3色で太さは0.38mmです。この太さが絶妙です。お試しあれ。




以上です!文房具屋さんで見かけたらぜひ手に取ってみてください~


アルバイトB

「日本の資格・検定」編集部の大学生アルバイトによる共同運営アカウントです。
楽しい記事を載せていけたらと思います!
よろしくお願いいたします!

職業:
学生

フォローする