ワードプロセッサ技能認定試験

ワードプロセッサ技能認定試験とは、見やすく分かりやすい文書を効率的に作成するための能力を測る試験です。文書作成に関する総合的な能力を効率的に習得することができます。学習を通じ、ワープロの技術だけではなく、正しい日本語力を身につけることもできるでしょう。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
【4級】
実施日程
随時(各試験会場が設定した日程)
受験料
【1級】7,435円
【2級】6,213円
【3級】5,093円
【4級】4,380円 (各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国主要都市にて実施
試験時間
【1級】
〔実技試験〕入力速度:10分  文書作成:45分
〔筆記試験〕国語判読、技術知識:計15分

【2級】
〔実技試験〕入力速度:10分  文書作成:35分
〔筆記試験〕国語判読、技術知識:計15分

【3級】
〔実技試験〕入力速度:10分  文書作成:25分
〔筆記試験〕国語判読、技術知識:計15分

【4級】
〔実技試験〕入力速度:10分  文書作成:20分
試験方法
【1級~3級】実技試験+筆記試験
【4級】実技試験
難易度
【1級】
ワープロ等を用いてビジネスにおける高度な文書処理・文書起案作成が行える。同時にワープロやパソコンに関する高度な実務知識を有する。

【2級】
ワープロ等を用いてビジネスにおけるやや高度な文書作成を迅速に行える。同時にワープロやパソコンに関する実務知識を有する。

【3級】
ワープロ等を用いてビジネスにおける通常の文書を作成することができる。同時にワープロやパソコンに関する基礎知識を有する。

【4級】
ワープロ等を用いて平易な文章の入力ができる。
出題範囲
〔実技試験〕
プリントアウトでの提出。ワープロ機種 およびソフト不問
①入力速度
(時間内に提示された文章を入力)
②文書作成
(作成指示書および見本をもとにビジネス文書 を作成)

〔筆記試験〕
問題用紙に解答を記入して提出
①国語判読
(文章の理解力、表現力、現代仮名遣い、漢字の読み書き等を出題)
②技術知識
(文書処理、ワープロ、パソコンに関する基本的な実務知識を出題)

お問い合わせ先 サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/js/wp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年10月23日 更新