〜1日1問〜 検定チャレンジ

経営者検定試験からの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
以下の記述のうち最も適切なものはどれか選択せよ。

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】
B 合同会社の社員は会社の債務に対し、有限責任が確保されており、利益分配も出資額や貢献度に応じて自由に決めることができる。

【解説】
A 特例有限会社の取締役の任期は無期限である。
C 株式会社の株主は出資額の範囲内で責任を負うが、倒産した場合、株価の評価額がいくらになるかは資産状況に応じて異なる。(通常は、0と考えたほうがよい)
D 合資会社は有限責任社員と無限責任社員から組織されている。
不正解
【正解】
B 合同会社の社員は会社の債務に対し、有限責任が確保されており、利益分配も出資額や貢献度に応じて自由に決めることができる。

【解説】
A 特例有限会社の取締役の任期は無期限である。
C 株式会社の株主は出資額の範囲内で責任を負うが、倒産した場合、株価の評価額がいくらになるかは資産状況に応じて異なる。(通常は、0と考えたほうがよい)
D 合資会社は有限責任社員と無限責任社員から組織されている。

明日もチャレンジしてくださいね!