今、注目の資格・検定、受けてみた! Vol.1 〜英語応対能力検定 編〜 2018.03.01

今、注目の資格・検定、受けてみた!  Vol.1 〜英語応対能力検定 編〜

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、インバウンド市場が急速に拡大している日本。
訪日外国人は2016年に初めて2400万人を突破、2017年には2800万人を超え、英語で案内や接客ができる人材の需要は非常に高まっています。

しかしながら、これまで日本の小中高の英語教育では英会話に重点を置いた教育はあまり行われておらず、本格的な英語教育改革の動きも2010年代になってからであり、英会話に苦手意識を持っている日本人は少なくありません。

そんな日本人の英語力を向上すべく誕生したのが英語応対能力検定です。
この検定では、街中から接客業務まで実際に使われている英語や会話シーンが試験問題として出題されており、実践的な英語力を身に付けることができます。

今回は、今、注目の英語応対能力検定に大学生4名が挑戦し、その特徴や活用方法について実際に体験をしてもらいました!

おもてなし英語力を磨く。

〜英語応対能力検定とは〜
訪日外国人4000万人時代が目の前に迫り、接客現場では、世界の共通語である英語での応対能力が切実に求められています。訪日外国人に応対する場面で必要な内容を簡単なフレーズで表現する英語力が身についているか、適切な英語を使って必要な案内やサービスができるかなど、基本的な「おもてなし英語力」を、聞く力と話す力に重点を置いて評価します。

〜おススメポイント〜
英語応対能力検定は、いわば「学力測定型」でなく、実践的視点の「実力・現場力測定型」の検定です。
「販売」「宿泊」「飲食」「鉄道」「タクシー」業種別と、街角を想定した「一般」の6種類の試験を用意。問題は多くの企業・団体の協賛を得て開発され、リアルな場面を想定しています。

英語応対能力検定について、詳しくはこちら

英語応対能力検定に挑戦したメンバーのご紹介

鶴巻 有理 さん
早稲田大学 文学部 3年生/業種別・宿泊を受験
受験理由
英語の検定に興味があり、この検定が今まで受けたことのある英検やTOEICとは違い、対話や応対に関する能力を測るもので珍しいと思い関心を持ちました。
宿泊を選んだ理由
外国の方を英語でおもてなしする、ということについて1番宿泊業がイメージしやすかったからです。

鳥越 智輝 さん
早稲田大学 人間科学部 3年生/業種別・鉄道を受験
受験理由
いろいろな検定を受けていますが、英語を使ったコミュニケーションの力について測るような検定は受験したことがなかったので、力を試したいと思い、受験しました。
鉄道を選んだ理由
鉄道業界に興味があることに加え、訪日外国人旅行者の多くが鉄道を利用しており、私も日ごろから鉄道を利用しているので、英語が必要とされる場面が想像しやすかったからです。

中村 綾 さん
早稲田大学 文学部 1年生/業種別・販売を受験
受験理由
もともと受験勉強で文法や読解に取り組む機会は多かったのですが、スピーキングに自信が無かったので今回自分の力を試してみようと思い受験しました。
販売を選んだ理由
将来、販売をともなうサービス業への就職の可能性を考えたためです。

佐藤 竜樹 さん
早稲田大学 国際教養学部 1年生/業種別・販売を受験
受験理由
大学では学部内の3割は外国人留学生で、私は違いますが残りの大半は帰国子女です。授業も英語で行われていますので、英語は日常的な言語ですが、今後の事を考えて英語関係の資格を取得してみようと思いました。
販売を選んだ理由
将来「販売」に関する職に就きたいと考えていますので、業種別の「販売」を受験しました。

英語が苦手な人でも大丈夫!実践的な英語をレベル別に学習することができる教材です。

テキスト

テキスト全般の印象

  • 実際に英語を話すことを想定したシチュエーションで、内容が工夫されており、役立つものだと感じました。
  • レベル別になっていて、とても親しみやすかったです。特に、「これだけ覚えれば伝わる!」というコンセプトは、英語が得意・苦手にかかわらず、最後までこの教材で学習を続けることができる良い要素だと思います。
  • 基礎的な教材で、最後のページの語句一覧表を確認しながら勉強をしましたが、非常にわかりやすく役に立ちました。


テキスト

販売の教材の印象

  • お金を扱う表現が多く、現金や免税に関する伝え方を学ぶことができます。数的な表現が苦手な人にとって適した教材だと思いました。
  • 百貨店のマニュアルに基づいているため、すぐに役立つフレーズが多く、わかりやすかったです。難易度別にフレーズが分かれ、余裕のない時でも最低限伝えられる会話文が載っている点が良かったです。

鉄道の教材の印象

  • テキストで学ぶシチュエーションは、実際に鉄道会社での勤務時に使うことを想定して作られており、外国人に道を尋ねられたり乗換案内を求められている場面を思い浮かべることができました。

宿泊の教材の印象

  • 宿泊手続きやトラブル対応等、具体的な場面を通じて、基本的なフレーズが学習できる内容となっていました。テキストの表現に慣れることで、応用的な表現や複雑な応対もできるようになると感じました。

※「一般」「飲食」の教材も、実際の案内・接客のシチュエーションを想定して作られており、実践的な英語を学習することができます。



公認学習教材

公認学習機を試してみての感想

  • 「聞く・話す」のレベル別学習が選択でき、隙間時間を活用して効率的な学習ができると思います。
  • 「joy study」(画像右上)では、文章単位の判定をする「発音トレーニング」機能があり、苦手なスピーキングが、ゲーム感覚で楽しく学習できそうです。
  • 「EX-word RISE」(画像左下)では、「ランダム出題」や「抜き打ちチェック」のテスト機能があり、学習した効果を緊張感をもって試せます。

「読んで」「聞いて」「声に出して」実際のシチュエーションを想像しながら学習するのがおススメ!

Reading

Reading

楽しかったこと・役に立ったこと

  • 輸入製品のパッケージ表記や洋服の英字プリントが理解できるようになり、Readingの勉強が役に立ったと感じました。
  • 観光地に置いてある英語のパンフレットの意味や、公共施設の英語表示の意味がわかるようになり楽しかったです。今度自分が外国に旅行した際にも役立つと思いました。

大変だったこと

  • 日頃の単語練習が重要だと感じ、付け焼き刃の学習ではなく継続的に定着を意識しながら取り組むことが大変でした。
  • 業種特有の単語をまず覚えなくてはならないことに苦労しました。

学習のコツ

  • すべての単語がわからなくても諦めず文章全体の流れをつかむ練習をして、その上で並行してわからなかった単語を覚えることがReading上達のコツです。
  • 毎日ページに載っているフレーズと単語を音読するのが良いと思います。「上級向けのフレーズは覚えられなくてもいいや」くらいの気持ちで最初は取り組みました。まずは最低限のレベルを完璧にすることをおススメします。

Listening

Listening

楽しかったこと・役に立ったこと

  • 街中で聞こえる英語が意味の通った言葉として聞こえてきて、自分のリスニング能力が上達した実感がわきました!

大変だったこと

  • ひとつひとつの単語の意味だけではなく、文章になっている英語を聞いた時に内容を理解することです。
  • 業種特有の単語が多く、単語を覚える際は音声も聞いて覚えなければならなかったことです。

学習のコツ

  • 1回の聞き取りですべてを聞き取ろうとしないこと、また、日頃の単語学習では正しい発音を確認しながら自分でも発音して覚えることがコツです。
  • わからない単語は必ず音声も聞き、確実に覚えるようにしました。また、耳を慣らす目的で英語のニュースを見るようにしました。洋画鑑賞で英語に慣れておくことも良いと思います。

Speaking

Speaking

楽しかったこと・役に立ったこと

  • 一方的な内容説明にとどまらず、実際に外国人のお客様がいるということを想定した「内容説明+おもてなしのひとこと」の表現をする練習ができたことが役に立ちました。
  • Speakingの学習を通じて、駅で外国人の方が困っていたり、店で店員さんに聞いている方を見かけると、私でも助けることが出来るかもと思えるようになりました。

大変だったこと

  • 1つの問題に対して答えるポイントが複数個あり、それをすべて英語で考えた上で時間内に答え切るという練習が大変でした。
  • 頭で考えながら、声に出してSpeakingの応答のシミュレーションをしてみることが大変でした。

学習のコツ

  • 解答前に与えられた時間の中で、資料を見ながら問題の要点を抑えた表現を思い浮かべる練習が必要です。
  • テキストのフレーズに慣れてきたら、単語を変えてみたり自分で作った文を声に出したりと様々なシミュレーションをしてみるのが効果的です。

場所・時間を選ばず、PC・スマートフォンで気軽に受験することができました!

Reading

Reading

試験の感想

  • 文章読解には重きを置いていないということがよく伝わる試験内容だと思いました。単語レベルでの読解から始めたい学習者にとって取り組みやすい試験だと感じます。
  • 複雑な文法を使うよりも、伝えたいことは確実に伝える、という点に重点が置かれている試験だと感じました。

Listening

Listening

試験の感想

  • 比較的ゆっくりなスピードで、音声が流れていたので聞き取りやすかったです。
  • 外国人の会話の相手が日本人であることを知っているのが前提の会話の速度だと感じました。その分正確な意図を汲むことが、おもてなし英語に必要とされているのかなと感じました。

Speaking

Speaking

試験の感想

  • パソコンやスマートフォンが相手なので、緊張しにくくSpeaking試験も恥ずかしくなかったのが良かったです。
  • ある程度の言葉は想像して話すことはできましたが、問題内の資料の情報量が多く、全体を理解するのに時間がかかったため難しく感じました。

宿泊業や販売業、鉄道業など、英語接客の即戦力アピールにもってこいの検定です!

宿泊業や販売業、鉄道業など、英語接客の即戦力アピールにもってこいの検定です!
  • 特に英語が苦手で、どんな勉強から始めたら良いかわからない人にとって学びやすい教材が用意された検定だと感じました。また、応用力が必要なシチュエーションも含んでいるので、段階的な成績評価方法と合わせても、学習者がステップアップしやすい検定だと感じました。
  • 「おもてなし」に焦点を絞った英語の検定を受けるのは初めてだったのですが、意義ある時間だったと思います。元々英語を話すことが得意な人には物足りないかもしれませんが、検定が意図する、外国の方をおもてなししたい人のための検定という観点から見ると、それに適したレベルの検定だと思います。早く実際に外国人の方のお役に立ちたいです。
  • 英語の試験は英検やTOEICなど様々ありますが、これだけ専門的で特化したものは多くないと思います。宿泊業界や販売業界、鉄道業界など検定で扱っている業種に就職することを志している人にとっては、英語接客の即戦力というアピールポイントの一つとして大変役に立つと思います。
  • パソコンやスマートフォンがあれば、昼夜時間を問わず、手軽に受けることができる、忙しい社会人や学生におススメの検定だと思います。

英語応対能力検定は、一般試験に加えて、販売・宿泊・飲食・鉄道・タクシーといったそれぞれの分野に特化した試験があるので、従来の英語の検定にない実践的なおもてなし英語を身に付けることができるのですね。

英語が得意な人はもちろんのこと、英語が苦手な人でも気軽に取り組むことができる試験になっているので、来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けておもてなし英語力UPに取り組んでみてはいかがでしょうか?

英語応対能力検定についてもっと詳しく知りたい! 英語応対能力検定を受けてみる!