景観広告検定

景観広告検定は、屋外広告物や看板サインについての様々な知識や、より良い景観づくりについて学べる検定です。建築や観光、デザインを学習している学生をはじめ、建設関連業種の方には特におススメの検定試験です。

受検料
一般: 4,500円
学生: 3,000円 (各税込)
※学生は教育機関からの一括申し込みに限ります。
支払方法
・クレジットカード決済
・コンビニ決済
・Pay-easy
受検資格
どなたでも受検できます。
試験会場
自宅
試験時間
75分
(試験期間中のいつでも、連続した75分間で受検できます。)
試験方法
コンピュータ試験
問題数
50問
出題範囲
♦「屋外広告の知識第4次改定版」法令編、デザイン編、設計編 ㈱ぎょうせい刊
♦ 藤本英子著「市民のための景観まちづくりガイド」㈱学芸出版社刊
♦「オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック」屋外広告物適正化推進委員会編
合否基準
30問以上の正解
結果発表
試験終了後に合否を表示、合格者には合格証が送付されます。

お問い合わせ先 全国屋外広告士会連合会
URL: http://www.nikkoren.or.jp/keikan-ken/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月10日 更新