プロフェッショナルCFO資格

プロフェッショナルCFO資格は、企業財務の様々な課題を解決できる専門知識の習得を証明する資格です。企業の財務マネジメント、資本配分や事業投資において重要な役割を担う財務最高責任者の養成を目的に実施されています。金融機関の融資・渉外担当者や企業の財務部門担当者など、企業価値の向上を目指す方に適した資格といえます。

受験料
7,000 円 (税抜)
受験資格
どなたでも受験できます
試験時間
120分
試験方法
コンピュータ試験
問題数
四答択一式30問程度、事例問題10題
出題範囲
①財務理論に関する基礎知識
(企業財務の最新動向、キャッシュフロー経営、リスク・リターンと資本コストほか)

②経営計画と財務マネジメント
(企業価値評価、財務上の課題認識と解決手法ほか)

③企業価値評価と経営への応用
(経営計画、リスク管理、企業の成長と戦略的経営計画実施までのプロセスほか)

④財務面での課題解決手法とその応用
(資本構成の最適化、不要投融資の処分、事業ポートフォリオの最適化、固定資産の流動化ほか)
合否基準
100点満点で70点以上
結果発表
受験終了後、その場で合否に係るスコアレポートを発行するとともに、原則として、受験日の属する月の翌月中旬頃に合格証を発行・送付します。

お問い合わせ先 日本CFO協会
URL: http://www.cfo.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月18日 更新