〜1日1問〜 検定チャレンジ

スポーツ医学検定3級からの出題

ジャンプ動作を繰り返すスポーツに頻度の高いケガにジャンパー膝があります。ジャンプ動作では膝関節を伸ばす筋肉である○○筋の働きが重要で、この筋肉の柔軟性獲得や筋力強化は、下半身のバランスや体幹の強化とならんで、ジャンパー膝のリハビリや予防に必要です。この筋肉の名称を選びなさい。

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】(2)大腿四頭筋

【解説】
太ももの前にある大腿四頭筋は骨盤の骨である腸骨や大腿骨から始まり、膝蓋骨を包んで膝蓋腱に移行し、脛骨に付着します。
大腿四頭筋のストレッチや強化にはさまざまな方法があります(図)。無理なく、継続して行っていきましょう。

【参照】スポーツ医学検定公式テキスト P84,106, 111, 118
不正解
【正解】(2)大腿四頭筋

【解説】
太ももの前にある大腿四頭筋は骨盤の骨である腸骨や大腿骨から始まり、膝蓋骨を包んで膝蓋腱に移行し、脛骨に付着します。
大腿四頭筋のストレッチや強化にはさまざまな方法があります(図)。無理なく、継続して行っていきましょう。

【参照】スポーツ医学検定公式テキスト P84,106, 111, 118

明日もチャレンジしてくださいね!