〜1日1問〜 検定チャレンジ

福祉ロボット検定からの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
ロボット介護・福祉機器の今後に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

しか犬
解答を見る
正解!
【解説】
1. 誤っている。
生活習慣病の予防に役立てるには、生体データだけでなく、一緒に加速度などの運動データも収集し、休息時や活動時の心拍数・血圧を常時計測して、運動で心拍や血圧がどのように変化するか、睡眠は十分取れているか、長期にストレスがかかる生活をしていないかなど、日常生活の見える化を図る必要がある。
2. 正しい。
頸部にセンサをつけ、摂食嚥下障害の方の嚥下機能をチェックしたり、顔にセンサをつけて笑っている状態を認識するなど、センサを活用した見える化への研究開発が進められている。
3. 正しい。
高齢者福祉医療の三原則では人生の継続性、自己決定の尊重、残存機能の活用とある。従来とは異なり、要支援・要介護の人がロボット技術によって活動の場を広げる方向への開発が進められている。
不正解
【解説】
1. 誤っている。
生活習慣病の予防に役立てるには、生体データだけでなく、一緒に加速度などの運動データも収集し、休息時や活動時の心拍数・血圧を常時計測して、運動で心拍や血圧がどのように変化するか、睡眠は十分取れているか、長期にストレスがかかる生活をしていないかなど、日常生活の見える化を図る必要がある。
2. 正しい。
頸部にセンサをつけ、摂食嚥下障害の方の嚥下機能をチェックしたり、顔にセンサをつけて笑っている状態を認識するなど、センサを活用した見える化への研究開発が進められている。
3. 正しい。
高齢者福祉医療の三原則では人生の継続性、自己決定の尊重、残存機能の活用とある。従来とは異なり、要支援・要介護の人がロボット技術によって活動の場を広げる方向への開発が進められている。

明日もチャレンジしてくださいね!