〜1日1問〜 検定チャレンジ

相続マイスターからの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
次の文章を読み、正しいか否かを答えなさい。

被相続人の居住用宅地等または被相続人と同一生計の親族の居住用宅地等を被相続人の配偶者が相続または遺贈により取得した場合には、その居住用宅地等は、相続税の申告期限までの所有継続および居住継続等の事実がなくても、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等として一定面積までの評価額について80%相当額の減額ができる。

しか犬
解答を見る
正解!
【解説】
配偶者が取得した場合は、相続税の申告期限までの居住継続や所有継続の要件がありません。同居親族が遺贈により取得した場合には申告期限までの所有継続および居住継続等の事実等条件があります。
不正解
【解説】
配偶者が取得した場合は、相続税の申告期限までの居住継続や所有継続の要件がありません。同居親族が遺贈により取得した場合には申告期限までの所有継続および居住継続等の事実等条件があります。

明日もチャレンジしてくださいね!