学びのメディア「日本の資格・検定」

資格・検定の掲載基準について

資格・検定の掲載基準について

当サイトでは資格・検定情報を掲載するに際し、下記の基準を満たしているか等を鑑みて、総合的に掲載可否を判断しております。

○資格・検定試験を実施する組織としての理念や目的が明確である。
○資格・検定試験を実施する組織(役職員体制、事務処理体制、作問体制、危機管理体制等)が、資格・検定試験の目的、使命を達成するための組織として適切に構成されている。
○どのような知識・技能を測るかという資格・検定試験の目的が明確である。
○知識・技能の測定手法(筆記試験、CBT試験、実技試験、面接試験等)、審査・採点の基準が適切である。
○実施主体の「組織」に関する情報が公開されている。
○実施主体の「情報公開や個人情報保護の方針等」に関する情報が公開されている。
○手続等に関する問い合わせ、試験後の問い合わせ先が設置され、願書や公式ホームページ等で適切に公開されている。
○試験結果に関する一般情報(受験者数及びその構成、合格者数、合格率等)が、適切に公開されている。


また、下記に該当すると判断した場合は、資格・検定情報を掲載した後であっても掲載情報を削除させていただきます。予めご了承ください。

○掲載基準を満たさなくなった資格・検定試験。
○運営が既に終了している資格・検定試験。
○公式ホームページの情報が複数年にわたり更新されておらず、運営状況が不透明な資格・検定試験。
○その他、運営事務局が不適切だと判断した資格・検定試験。