〜1日1問〜 検定チャレンジ

統計検定3級からの出題

次の箱ひげ図は,1981 年度,1996 年度,2011 年度の 47 都道府県別 1 人当たりの県民所得(単位:千円)のデータを表したものである。この箱ひげ図から読み取れることを,下の ①~④ のうちから一つ選べ。(資料:内閣府「県民経済計算」)

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】
③ 1981 年度の四分位範囲は約 250(千円)である。

【解説】
① 1981年の箱ひげ図のひげの右端(最大値)と1996年の箱ひげ図のひげの左端(最小値)が同じ値でない。
② 範囲(最大値-最小値)は箱ひげ図のひげの幅で表される。2011年度の範囲のほうが1981年度の範囲よりも大きいことがわかる。
③ 四分位範囲(第3四分位数-第1四分位数)は箱ひげ図の箱の幅で表される。1981年度の四分位範囲はおおよそ1,750-1,500 = 250(千円)である。
④ 一般に,箱ひげ図から平均値を読み取ることができない。
不正解
【正解】
③ 1981 年度の四分位範囲は約 250(千円)である。

【解説】
① 1981年の箱ひげ図のひげの右端(最大値)と1996年の箱ひげ図のひげの左端(最小値)が同じ値でない。
② 範囲(最大値-最小値)は箱ひげ図のひげの幅で表される。2011年度の範囲のほうが1981年度の範囲よりも大きいことがわかる。
③ 四分位範囲(第3四分位数-第1四分位数)は箱ひげ図の箱の幅で表される。1981年度の四分位範囲はおおよそ1,750-1,500 = 250(千円)である。
④ 一般に,箱ひげ図から平均値を読み取ることができない。
出題: 統計検定

明日もチャレンジしてくださいね!