〜1日1問〜 検定チャレンジ

福祉ロボット検定からの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
生活支援ロボットのリスクアセスメントに関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

しか犬
解答を見る
正解!
【解説】
1. 正しい。
サービスロボットは歴史が浅く、また、利用者や利用環境を限定しにくく、類似製品が少ないなど、リスク作業自体が困難である。
2. 誤っている。
サービスロボットは産業用ロボットとは異なり、使用者が高齢者や子どもであったり、使用環境も異なるため、産業用ロボットの危険源や数値基準を用いることはできない。サービスロボット用のチェックリストが必要である。
3. 正しい。
サービスロボットの場合、前例がないため、世に受け入れられるリスクの評価は合理的に達成可能なできるだけ低いレベルまで下げたリスクで正当性を示さなければならない。
不正解
【解説】
1. 正しい。
サービスロボットは歴史が浅く、また、利用者や利用環境を限定しにくく、類似製品が少ないなど、リスク作業自体が困難である。
2. 誤っている。
サービスロボットは産業用ロボットとは異なり、使用者が高齢者や子どもであったり、使用環境も異なるため、産業用ロボットの危険源や数値基準を用いることはできない。サービスロボット用のチェックリストが必要である。
3. 正しい。
サービスロボットの場合、前例がないため、世に受け入れられるリスクの評価は合理的に達成可能なできるだけ低いレベルまで下げたリスクで正当性を示さなければならない。

明日もチャレンジしてくださいね!