〜1日1問〜 検定チャレンジ

環境法令検定からの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
「大気汚染防止法」のばい煙排出規制に関する次の①~④の記述の中で、その内容が最も不適切なものを1つ選びなさい。

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】
② ばい煙量等の測定義務者には、虚偽の記録や記録の未保存等に罰則が適用されるわけではないが、測定結果の記録が求められている。

【解説】
法改正により、平成23年4月から虚偽の記録や記録の未保存等に罰則が適用されるようになった。

【出典】
大気汚染防止法第16条
不正解
【正解】
② ばい煙量等の測定義務者には、虚偽の記録や記録の未保存等に罰則が適用されるわけではないが、測定結果の記録が求められている。

【解説】
法改正により、平成23年4月から虚偽の記録や記録の未保存等に罰則が適用されるようになった。

【出典】
大気汚染防止法第16条

明日もチャレンジしてくださいね!