〜1日1問〜 検定チャレンジ

高齢者住まいアドバイザー検定®からの出題

次開催に向けての準備期間のため、過去に出題した問題を掲載しております。
サービス付き高齢者向け住宅について正しい記述を一つ選びなさい。

しか犬
解答を見る
正解!
【正解】
3.各専用部分の床面積は原則25㎡以上である。

【解説】
サービス付き高齢者向け住宅は比較的元気な高齢者向けの住宅提供を行う賃貸住宅です。
「高齢者住まい法」の改正により、2011年度から登録がスタートしました。

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準
①高齢者に配慮した構造や設備
 ◎各専用部分(居室)の床面積は、原則25㎡以上。
 ◎各専用部分(居室)に、トイレ、洗面台の設備は必須。
 ◎段差のない床、手すりの設置、廊下幅の確保などバリアフリー構造を備えている。
②ケアの専門家によるサービス提供
 ◎状況確認(安否確認)「見守りサービス」      
 ◎生活相談 「高齢者の全般的な困りごとに生活相談員が対応する。」
これら①②の両方の要件を満たした施設がサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の登録申請ができます。

サ高住での「サービス」とは、介護保険の訪問介護のような具体的で積極的なサービスよりも一歩引いた「もし何かあったときに手助けする」ものと捉えてよいでしょう。「サービス付き」高齢者向け住宅といっても、提供されるサービスは「介護サービス」ではないということです。
高齢者住宅・施設を選ぶときにサービスの内容をしっかり理解しておくことが大切です。
不正解
【正解】
3.各専用部分の床面積は原則25㎡以上である。

【解説】
サービス付き高齢者向け住宅は比較的元気な高齢者向けの住宅提供を行う賃貸住宅です。
「高齢者住まい法」の改正により、2011年度から登録がスタートしました。

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準
①高齢者に配慮した構造や設備
 ◎各専用部分(居室)の床面積は、原則25㎡以上。
 ◎各専用部分(居室)に、トイレ、洗面台の設備は必須。
 ◎段差のない床、手すりの設置、廊下幅の確保などバリアフリー構造を備えている。
②ケアの専門家によるサービス提供
 ◎状況確認(安否確認)「見守りサービス」      
 ◎生活相談 「高齢者の全般的な困りごとに生活相談員が対応する。」
これら①②の両方の要件を満たした施設がサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の登録申請ができます。

サ高住での「サービス」とは、介護保険の訪問介護のような具体的で積極的なサービスよりも一歩引いた「もし何かあったときに手助けする」ものと捉えてよいでしょう。「サービス付き」高齢者向け住宅といっても、提供されるサービスは「介護サービス」ではないということです。
高齢者住宅・施設を選ぶときにサービスの内容をしっかり理解しておくことが大切です。

明日もチャレンジしてくださいね!