学びのメディア「日本の資格・検定」

ピースさんのプロフィール

ピース

建設コンサルタント業勤務(河川計画、流域治水系)です。
業界的には技術士が最重要資格ですが、専門分野だけにこだわらず、理工系中心ながらも幅広く勉強することに努めています!
「資格ゲッターをやるのが趣味の一つ」というか、むしろ「資格取得沼にハマっている」という面もあるかもしれませんがw

職業:
技術職(建築、土木、設備)
保持資格:
【業務、専門】
RCCM(河川、砂防および海岸・海洋)
土木学会認定1級土木技術者(2級も試験は合格済、登録は失効)
修習技術者(JABEE課程修了、技術士補未登録)
河川点検士
博士(工学)(基礎研究だったので、いずれは実務研究で学位取れるレベルを目指したいと思います)
【環境、化学、電気、水道】
第3種電気主任技術者試験合格(R06.2CBT、免状申請中)
環境計量士(濃度関係/騒音・振動関係、登録済)
公害防止管理者(水質関係第1種)
危険物取扱者(乙種第3類、第4類)(5類も合格→免状申請中)
下水道技術検定(第2種/第3種)
環境管理士3級試験合格
【IT、コンピューティング】
情報処理試験合格(SC/AP/FE/SG/IP)(R06秋支援士登録予定)
日本機械学会認定計算力学技術者2級
ディープラーニングG検定
Pythonエンジニア認定試験(基礎/データ分析)
C言語プログラミング認定試験2級
【その他】
中型8t限定(旧旧普通)第一種自動車運転免許
TOEIC LR 715
技術英検1級
日商簿記3級
QC検定3級
数学検定1級
ビジネス数学検定2級
データサイエンス数学ストラテジスト中級☆☆☆
理科検定(物理1級・化学2級)
全経社会人常識マナー検定3級
問題解決力検定4級
勉強中の資格:
技術士(建設部門-河川、砂防および海岸・海洋)
公害防止管理者(大気関係第1種)(総論免除、2科目合格、残り3科目)
宅地建物取引士
1級土木施工管理技士補(2次は今のところ施工の経験がないので出願不可)
エネルギー管理士(経験ないけど試験合格だけでも)
取りたい資格:
高度情報技術者(まずはDB,NWから)
気象予報士
第1種下水道技術検定
土木学会上級、特別上級技術者
電験2種(1種まで行くかは未定)

  • 2 フォロー
  • 1 フォロワー
  • 4 口コミ投稿数
フォローする
  • 1年以内に受験
    3級、4級試験合格者です。

    民間資格ですが、環境に関する知識・常識の習得の手段として、悪くはないと思います。
    ただ、技術系だと国家資格の公害防止管理者や環境計量士、
    あるいは国交省等の業務で入札に利用できる環境アセスメント士などへの足掛かりに受ける感じでしょうかね。
    民間資格同士の比較でも、eco検定等と比べるとマイナーな感じです。

    なお、試験監督員さんのお話によると、今後CBTあるいは自宅インターネット受験等を採用することも、無いとは言えないという雰囲気でした。
    (現状でも試験一発だけでなく、通信講座でも2級までは取得できる模様ですが)
  • 1年以内に受験
    令和5年度下期試験合格者です。

    第3種に関しては、理論、電力、機械、法規の4科目で、年2回(上期・下期)の試験で3年以内に4科目合格すれば取得可能ということで、1回につき1科目ペースでも取れればOKです。
    令和3年度以前は年1回だったことを考えると、ハードルが下がりましたね(電気業界もだいぶ人材不足で厳しいということで、人材確保を狙っている模様)。
    あと、今は紙の一斉試験とCBTの選択で行われていますが、紙試験も過去問の使いまわし率が上がっているようです。

    私は、今年から2種にも挑戦しようと思います!
  • 1年以内に受験
    中級トリプルスターを取得しました。
    もともと数学はそこそこ得意科目で、テキストだけ1週間くらい勉強しました。
    同じ機関が行っており趣旨も似ている「ビジネス数学」とともに、実務への数学的思考の利活用ということを考えるのであれば、内容は悪くないかと思います。
  • 1年以内に受験
    乙4(東京都)受験しました。
    高校レベルの化学の知識がある方であれば、1週間の勉強で十分合格できる資格だと思います。
    ちなみに私は4日くらいしか勉強期間が取れませんでしたが、性質消火の一部+法令だけに集中して受かりました。