CBS (国際秘書) 検定

CBS検定は、経営サポートスタッフに必要な英語と日本語の実力を問う唯一の検定試験です。両言語を使用してグローバルに秘書業務を遂行できる人材の育成を目的としています。就職の際にも有効な資格で、特に秘書志望者にとっては非常に役立つでしょう。

試験級
【準CBS資格】プライマリー試験合格者に授与
【CBS資格】ファイナル試験合格者に授与
実施日程
〔プライマリー〕 年2回(春と秋)
〔ファイナル〕 年1回(秋)


〔プライマリー〕
<2018年度秋季> 2018年11月11日(日)

〔ファイナル〕
2018年9月29日(土)、 30日(日)
申込期間
〔プライマリー〕
<2018年度秋季> 2018年9月1日(土) ~ 10月23日(火)

〔ファイナル〕
2018年8月1日(水) ~ 9月1日(月)
受験料
〔プライマリー〕 9,800円
〔ファイナル〕 20,000円

CBSファイナル試験の不合格科目の検定料は1科目につき以下のとおり
PartⅠ~Ⅲ: 各6.000円
PartⅣ: 5,000円
受験資格
〔プライマリー〕どなたでも受験できます。
〔ファイナル〕準CBS資格取得者であること
試験会場
〔プライマリー〕春:東京、名古屋、大阪 秋:東京
〔ファイナル〕東京
試験時間
〔プライマリー〕
120分

〔ファイナル〕
PartⅠ:90分
PartⅡ:90分
PartⅢ:160分
PartⅣ:10分
試験方法
筆記試験(選択式+記述)
出題範囲
〔プライマリー〕 
■PartⅠ: ビジネス実務
(電話・来客応対、慶弔・プロトコール、スケジュール管理、ビジネスの場で必要な正しい日本語、文書作成ほか)
■PartⅡ: ビジネス英語
(電話・来客応対に必要な表現と丁寧表現、ビジネス文書に必要な語彙と文法の基礎知識 ほか)

〔ファイナル〕
■PartⅠ: オフィス業務管理 (秘書業務管理、レコードマネジメント ほか)
■PartⅡ: 経営管理 (経営・会計・法律)
■PartⅢ: 秘書実務 (インバスケット方式)
■PartⅣ: 英語による個人面接
合否基準
各科目70%以上の得点をもって合格となります。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本秘書協会 CBS検定事務局
URL: http://www.hishokyokai.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月15日 更新