国際会計基準 (IFRS) 検定

国際会計基準 (IFRS) 検定は、国際会計基準審議会 (IASB) が策定する会計基準の広範な知識と理解力を測る認定試験です。世界100以上のIFRS適用国を中心に知名度が高まっており、注目されている国際資格の一つでもあります。国際資格ですが、日本語での受験も可能です。

基本情報INFORMATION

実施日程
年3回(2月・6月・11月)
申込方法
インターネット申し込み
受検料
47,300円
受検資格
どなたでも受験できます。
試験会場
東京、大阪
試験時間
2時間
試験方法
マークシート方式
問題数
60問
出題範囲
財務諸表の作成および表示に関するフレームワーク (財務諸表の表示、棚卸資産、キャッシュフロー計算書、会計方針、計上の見積りの変更および誤謬、後発事象、工事契約 など)
合否基準
正答率60%で合格
結果発表
試験日から1~1.5ヶ月後に試験結果が受験者にeメールにて送信されます。また、採点が完了し結果がわかり次第、ウェブサイトでもご確認いただけます。

お問い合わせ先 IFRSコンソーシアム事務局 IFRS検定試験係
URL: http://www.ifrs-kentei.com/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年1月30日 更新