XMLマスター

XMLマスターは、データ記述言語であるXMLの技術力を評価・認定する技術者認定制度です。XMLは、マルチプロトコル、マルチプラットフォームでのデータ交換に適したフォーマットとして急速に普及しており、今後も必要とされるIT資格の一つです。この資格を取得することで、自身の技術力の強化とお客様の信頼獲得につながるでしょう。

基本情報INFORMATION

試験級
【プロフェッショナル(データベース)】
【プロフェッショナル(アプリケーション開発)】
【ベーシックV2試験】
実施日程
随時
受験料
各試験15,000円(税別)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国のプロメトリックのテストセンター
試験時間
【プロフェッショナル(データベース)試験】90分
【プロフェッショナル(アプリケーション)試験】90分
【ベーシックV2試験】60分
試験方法
コンピュータ試験
問題数
【プロフェッショナル(データベース)試験】30問程度
【プロフェッショナル(アプリケーション)試験】40問
【ベーシックV2試験】50問
出題範囲
詳細はこちらをご確認下さい。
http://www.xmlmaster.org/range.html
合否基準
【プロフェッショナル(データベース)試験】80%以上
【プロフェッショナル(アプリケーション)試験】80%以上
【ベーシックV2試験】70%以上

お問い合わせ先 XML技術者育成推進委員会 運営事務局
URL: http://www.xmlmaster.org/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年7月3日 更新