Vol.17 J.S.A.ワイン検定 2018.06.28

banner_960x700
★この企画では、読者のみなさんに代わって日本の資格・検定編集部が資格・検定試験の運営団体にインタビューを行い、その魅力をお伝えしていきます!
Vol.17では、「J.S.A.ワイン検定」を主催する一般社団法人 日本ソムリエ協会を取材しました。また、会長の田崎眞也氏のコメントもご紹介します!

簡単なアンケートに答えてプレゼントをGETしよう!
応募ボタンはこのページの下部にあります。 
s_tasaki
食卓で過ごす時間をより楽しくするために必要なのは『共通の話題のネタ』を持つことだと思います。その時にワインは話題のネタになりやすく、「今日の食事には、こんなワインが良さそう」というように、食事とワインの相性などをある程度知っていると、食卓の場をより有意義なものにできることでしょう。日々の食卓を豊かにしてくれるワインについてJ.S.A.ワイン検定で学んでいただき、ぜひワインライフを楽しんでください。

一般社団法人 日本ソムリエ協会
会長 田崎 眞也氏
赤ワインや白ワイン、ロゼワイン、スパークリング・ワイン等、たくさんの種類があるワイン。ファミレスやコンビニで気軽に購入できたり、バルやワインバーのお店も増えたりと、今や定番のアルコール飲料の一つといえます。国内のワイン消費量が年々増加していることからも、ワインの人気の高さがうかがえます。

読者のみなさんの中にも日常的にワインを嗜んでいる(たしなんでいる)方も多いかと思いますが、果たして、ワインについてどのくらい知っていますか?

「ワインは好きだけど、難しそうなので実はあまりよく知らない」「ワインを飲むのに知識なんて必要なの?」といった声が聞こえてきそうです。

確かに、一口に「赤ワイン」といっても、ブドウの品種や産地、収穫年等でも非常に種類が豊富なので、いざワインを知ろうと思っても敷居が高く感じる方も多いのではないでしょうか。

けれども、それは非常にもったいないことです!

知識がなくても楽しめるワインですが、ワインを知ることで料理に合うワインを自分で見つけたり、レストランでワインを注文する際にソムリエさんと会話を弾ませたりと、より充実したワインライフを送ることができるでしょう。

今回ご紹介する「J.S.A.ワイン検定」は、ワインに関して豊富な知識・技術を持っている講師からワインの基礎を直接学べる検定です。検定を通じてどのようなことが学べるのか、いったいどんな検定なのか、ワインの楽しみ方やその魅力を、一般社団法人 日本ソムリエ協会に伺いました。
Q1 J.S.A.ワイン検定ってどんな検定ですか?
Q2 ワインを学ぶなんて敷居が高そう…と思うのですが、実際のところは?
Q3 どんな方が受検しているのですか?
Q4 J.S.Aワイン検定ではどんな問題が出題されますか?
Q5 講習会はどのような雰囲気なのでしょうか? 

Q1  J.S.A.ワイン検定ってどんな検定ですか?

J.S.A.ワイン検定は、ワインに興味を持っている方の入門的な位置付けの検定試験です。ワインの普及を目的とした一般社団法人日本ソムリエ協会が主催しています。

日本ソムリエ協会では、飲食サービスや飲料メーカー、酒類の小売業界に勤務している方を対象に「J.S.A.ソムリエ」「J.S.A.ワインエキスパート」をはじめとするワインのプロフェッショナルを認定する呼称資格認定試験を実施しています。

J.S.A.ワイン検定は、一般の方にももっとワインを広めたいという想いと、J.S.A.ワインエキスパートの有資格者の方に講師として活躍してほしいという背景から、2012年にスタートしました。

ブロンズクラスとシルバークラスの2つのクラスがあり、検定の実施はJ.S.A.ワインエキスパートの有資格者が講師として担当します。

ブロンズクラスは、入門編として家庭でワインを楽しく飲むための知識を習得します。シルバークラスでは、ブロンズクラス認定者を対象に、レストランでソムリエに相談したり、ワインショップでアドバイスをもらったりと、好みのワインを選べるよう知識を習得します。

両クラスとも、講師の講習会に参加して要点を学んでから検定試験となり、20歳以上の方ならどなたでも受検ができます。なお、試験ではワインテイスティングは行いません。 

Q2 ワインを学ぶなんて敷居が高そう…と思うのですが、実際のところは?

J.S.A.ワイン検定は、あくまで普段の生活の中でよりワインを楽しむための基礎知識の習得を目指す検定です。基礎的な知識でも、身に付けることによって料理に合うワインを選ぶことができたり、ワインショップで好みの味のワインを購入できたりと、得た知識をすぐに実践・活かせるのがこの検定の魅力の一つといえます。

検定では、ワインの分類や選び方、料理の相性といったことはもちろんですが、ワインの歴史や品種、醸造方法についても学ぶことができます。ワインという切り口から、ワインそのものだけでなくワインに関わる知識もまとめて身に付くので、楽しみながら様々な世界を広げられるでしょう。

日本は国産ワインだけではなく、フランス、イタリア、チリ、南アフリカ等、ヨーロッパからニューワールドといった世界中の産地のワインが豊富に揃う貴重な国でもありますので、ぜひ各産地のワインの特徴を学んで、実際に飲んで味わってほしいです。

自分好みのワインを見つけることができたり、日常の食卓に彩りを添えてくれたりすることで、新たな発見や気づき、出会いが生まれることでしょう。そこには必ず人との関わりがありますので、ワインをコミュニケーションのツールとして活かし、人生を豊かにしていただけると嬉しいです。 
wine

Q3 どんな方が受検しているのですか?

ビジネスパーソンからシニア世代まで幅広い層の方が受検しています。バルや居酒屋など飲食店で働く方がスキルアップのためにワインの知識を身に付けたいと受検されるケースもありますが、

・好きなワインを知って人生を豊かにしたい
・ワインと一緒に食事を楽しみたい
・ワインリストを読めるようになりたい

というように、日々の生活でワインをもっと楽しみたい方が多く受検されているようです。

ブロンズクラスを受検した方は、よりワインの知識を深めたいとシルバークラスに進む方も多く、さらにワインの魅力をもっと広めたいとJ.S.A.ワインエキスパートに進み、講師になる方もいらっしゃいます。

J.S.A.ワイン検定の公式HPに受検者のみなさんの声を動画で掲載しているので、そちらも参考になさってください。 

Q4  J.S.Aワイン検定ではどんな問題が出題されますか?

ワインの入門編としての知識を習得されているかが問われる内容になっており、問題は全て公式テキストから出題されます。ブロンズクラスの場合、講習会をしっかりと受講すれば合格レベルに達しますが、不安な方は公式テキストが受検申し込み完了後に送付されますので、受講する前にテキストを一度見て予習してみましょう。

当日の試験では、例としてこのような問題が出題されます。
examination

Q5 講習会はどのような雰囲気なのでしょうか?

検定会場は、講師自身がレストランやセミナールームなどの会場を決めて開催しています。講師によっては試験前にアドバイスメールを送っていたり、試験後にワインパーティーを開催したりと、ワインの魅力を伝えるために各講師がオリジナルのスタイルで講習会を実施しています。

ワインはもちろん、講師のキャラクターを楽しめるのもこの検定の魅力の一つです。充実したワインライフを楽しんでいる方に直接教わるからこそ、初心者でもワインの楽しさを発見しやすいかと思います。

また、ワイン好きな受検者が集まっているので、講習会を通じて友人・知人が増えるケースが多いようです。ワインをよく知る講師とワイン好きな仲間と一緒に、ワインの世界をぜひ楽しんでみてください。 
lec_2
lec_1

いかがでしたでしょうか。

ワインというと、ブドウの品種や産地の種類がたくさんあり、難しい世界だと感じている方も多いかと思いますが、講師から直接学べるのなら、スムーズに知識を習得できそうですね。

ワインというツールを手に入れることで、コミュニケーションの場でもある食事の時間をより充実させることができ、その積み重ねが人生を豊かにしていくのではないでしょうか。

ワインに興味がある方は早速、講師が開催する検定の講習会の門を叩いてみてください。 

公式サイト:https://www.winekentei.com/

link
enq_link