日本の資格・検定

公式記事

疲れ目解消グッズを紹介!勉強で疲れた目元をケアするアイテム6選

お役立ち情報 #セルフケア

疲れ目解消グッズを紹介!勉強で疲れた目元をケアするアイテム6選

みなさんは普段どのように勉強をしていますか?

参考書やテキストを使って勉強する方も多い一方で、近年はPC・タブレット・スマホを使って勉強をする方も増えてきたのではないでしょうか。

どの方法であっても長時間勉強を続けると、やはり気になるのが目の疲れ。目が疲れて勉強に集中できなくなっては元も子もありませんよね。

そこで今回は「疲れ目解消グッズ」を特集します! 

(1)王道の疲れ目解消グッズで手軽にリラックス
「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料 5枚入」(花王)

参考価格:391円(税込) 
※販売店により価格は異なります
※画像は花王公式サイトより

温かい蒸気が出る使い捨てのアイマスクです。開封するだけでアイマスクがじんわり温まり始めるので、手軽に使うことができます。

香りは無香料のほか、ゆず・ラベンター・ローズ・カモミール・森林浴など充実のラインナップ。男性用で少し大きなサイズの「FOR MEN」も用意されています。

コンビニやドラッグストアで簡単に手に入るのも嬉しいポイントですね。

⇒より詳しい商品の情報はこちら


(2)USB充電で繰り返し使えるかわいいアイマスク
「モコモコホットアイマスク」(Anmin)

メーカー希望小売価格:5,478円 (税込)
※販売店により価格は異なります
※画像はAmazonより

かわいいクマのデザインのアイマスクです。

USB充電で繰り返し温めて使うことができます。見た目がかわいいだけでなく、3段階の温度調節や自動で電源が切れるタイマー機能も付いていて高機能。

表面のモコモコなベロア素材はカバーになっており、取り外して洗うことができるので清潔に保てます。

⇒より詳しい商品の情報はこちら


眼精疲労セラピストが開発したアイピロー
「クリークアイピロー」(アイクリーク)

メーカー希望小売価格:5,500円(税込)
※販売店により価格は異なります
※画像は眼精疲労ケア・アイクリークオンラインストアより

アイピローとは目の疲労回復を目的として作られた“目の枕”のことで、この「クリ-クアイピロー」は眼精疲労セラピストが監修した商品です。

通常のアイマスクよりも大きく、目を中心とした広い範囲を温めることができるため、血液循環の改善が期待できます。適度な重さと穏やかなハーブの香りで就寝時に使うと安眠効果もあるのだそう。

首周りを温める「ネックピロー」との併用でより効果的な疲労回復が望めます。

⇒より詳しい商品の情報はこちら


(4)ワンランク上のスチームアイマスクでリラックス
「目もとエステ EH-SW68」(パナソニック)

参考価格:16,182円(税込)
※販売店により価格は異なります
※画像はパナソニック公式サイトより

肌に直接触れないスチームでのケアにより、乾きがちな目元にうるおいを補給するホットスチーマーです。

温度設定は38℃、40℃、42℃と好みに合わせて3段階の調節が可能。心地の良いリズムタッチ(振動)とスチームを組み合わせた「リフレッシュコース」「リラックスコース」「クイックコース」と3種類のコースが用意されており、使用シーンにあわせて選ぶことができます。

さらに別売りのアロマタブレット※を追加することで「真正ラベンダー」や「ベルガモット」など、全5種類からお気に入りの香りが楽しめます。
※パナソニックの「スチーマー ナノケア」シリーズと「目もとエステ」で使えるアロマグッズ。

⇒より詳しい商品の情報はこちら


(5)振動・加圧で目元をケアするアイマッサージャー
「3DアイマジックS」(ドクターエア)

メーカー希望小売価格:16,093円(税込)
※販売店により価格は異なります
※画像はドクターエア公式サイトより

目元からこめかみまでを温めながら、振動と加圧によるマッサージを受けられるアイマッサージャーです。

Bluetooth対応スピーカーが搭載されており、マッサージ中に本体内蔵のヒーリングサウンドやお気に入りの音楽を聞けばより一層リラックス効果が高まります。

さらに、本体は半透明のフロント構造なので目に装着した状態でも周りの様子が見えて便利です。

⇒より詳しい商品の情報はこちら


(6)フィンランド生まれのマッサージグッズ
「アイケアストーン」(HUKKA)

メーカー希望小売価格:4,378円(税込)
※販売店により価格は異なります
※画像はHUKKA DESIGNオンラインストアより

優れた蓄熱性を持つドーナツ型の天然石です。

熱を長時間蓄えられるソープストーン※は世界的にも珍しく、フィンランドで採れるこの「カレリアン・ソープストーン」のみなのだとか。

リラックスしたいときはお湯に浸してから、すっきりしたいときは冷蔵庫で冷やしてから目の周りに置くことで癒し効果を得られます。電気不要で半永久的に繰り返し使えるのもうれしいですね。
※滑石の別名。

⇒より詳しい商品の情報はこちら


COLUMN:夜のブルーライトから目を守ろう!

「日本の資格・検定」で行ったアンケート結果によると、勉強にスマホアプリを活用している10代~20代は約半数に上り、今後は世代にかかわらずデジタルデバイスを用いた学習機会は増えることが予想されます。

そこで気になるのがPCやスマホの画面から出る光に含まれているというブルーライト※。
※ブルーライトとは可視光線の中に含まれる光のことで、LEDを使用した液晶画面からも多く放射されます

いまだに解明されていない部分もありますが、夜間に長時間ブルーライトを浴びてしまうと体が昼間だと勘違いしてしまい、体内のリズムが乱れる可能性があるようです。

そんなときにおススメしたいのがブルーライトカットメガネ。
夜間にデジタルデバイスを使用する際はブルーライトカットメガネを着けて目を守ることで、体内時計のズレ防止につながるかも。

パリ生まれのブルーライトカットメガネ
「SCREEN シリーズ」(IZIPIZI)

参考価格:6,600円(税込) 
※販売店により価格は異なります
※画像はelementオンラインショップより

フランス・パリ生まれのメガネメーカー「IZIPIZI」ではファッショナブルなブルーライトカットメガネを展開しています。

色や形が選べたり、子供用のメガネがあったりと魅力的なフレームが目白押し。この機会にお気に入りのブルーライトカットメガネを探してみてはいかがでしょうか。

⇒より詳しい商品の情報はこちら

気になるアイテムはありましたか?

目の疲れは悪化すると頭痛や倦怠感、めまいなど不快な症状を引き起こすとされています。

心地よく勉強するためにも目のケアや適度なリフレッシュを心がけましょう!

※記事内で掲載している商品の価格は変更されている場合があります。最新の情報はメーカーのホームページ等でご確認ください。

人気記事ランキング

関連記事