インドネシア語技能検定試験

インドネシア語技能検定試験は、日本で唯一のインドネシア語能力を測る公的な試験です。資格取得を単位の認定に活用する学校や、昇給や評価の基準としている企業も増えてきています。また、上級取得者はプロの通訳・翻訳者として、活躍の場を広げることも可能です。

試験級
【E~A級】
【特A級】
実施日程
1次: 1月 7月
2次: 3月 9月

<第52回>
〔1次〕2018年1月14日(日)
〔2次〕2018年3月11日(日)
申込期間
<第52回>
2017年10月2日(月) ~ 11月7日(火) 日本時間15時00分

※各インターネット申込みの場合
受験料
【E級】3,000円
【D級】4,000円
【C級】5,500円
【B級】8,000円
【A級】9,000円
【特A級】18,000円 (各税込)
受験資格
【E~A級】誰でも受験できる
【特A級】A級合格者
試験会場
東京、大阪、名古屋、九州、ジャカルタ、バリ島
※2次試験は東京・ジャカルタのみ
難易度
【E級】初歩的な意思表示
【D級】旅行に必要な能力 
【C級】日常生活レベル
【B級】職場で生かせる
【A級】社会生活全般に対応 
【特A級】翻訳・通訳のプロ
出題範囲
1次: 読解、語彙、文法、作文、リスニングの5項目について評価
  (特Aを除く)
2次: 面接 (特A・A・B級のみ)
合否基準
特A級、A、B級の1次試験は満点の70%前後、
2次試験は満点の75%前後。
C、D、E級は満点の60%前後

お問い合わせ先 日本インドネシア語検定協会
URL: http://www.i-kentei.com

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。