経営学検定試験(マネジメント検定)

経営学検定試験は、経営の基礎的・専門的知識やその応用能力としての経営管理能力、問題解決能力が一定水準に達していることを認定する検定試験です。これまで多くの大学や企業で活用されているほか、就職活動やキャリアアップとしても有効です。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

基本情報INFORMATION

試験級
【上級】
【中級】
【初級】
実施日程
【中級】上期、下期ともそれぞれ約1か月の期間での実施
【初級】上期、下期ともそれぞれ約1か月の期間での実施

<次回>
【上級】
2020年11月29日(日)

【初級・中級】
下期:2020年11月17日(火)~12月17日(木)
申込期間
<次回>
【上級】
2020年10月1日(木)~10月31日(土)

【初級・中級】
下期:2020年10月1日(木)~12月13日(日)
受検料
【上級】1次8,800円 2次28,600円
【中級】各4,950円
※中級試験は各分野別での受験
【初級】4,950円
受検資格
【上級1次】中級合格者
【上級2次】上級1次合格後3年間以内
【初・中級】どなたでも受験できます
試験会場
全国約270か所の試験会場
試験時間
【上級】 
1次: 180分
2次:
①事前課題:自宅作成し、事前提出とする。
②パワーポイントで作成した経営課題のレポートのプレゼンテーションを行う。
・プレゼンテーション: 約10分
・質疑応答: 約5分 
③5~7人のグループでディスカッションを行う: 約40分
【中級】180分(各90分)
【初級】90分 
試験方法
【上級】 
1次: 記述式
2次: レポート作成、プレゼンテーション、ディスカッション
【中級】コンピュータ試験(CBT方式)
【初級】コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
【中級】100問
【初級】50問
出題範囲
【上級】 
①経営戦略に関するケーススタディ
②マネジメント・プランの作成
③マネジメント・プランのプレゼンテーション
④グループ・ディスカッション

【中級】
第一分野
①マネジメント
②人的資源管理
③経営法務

第二分野
④マーケティング
⑤IT経営
⑥経営財務

【初級】 
①企業システム
②経営戦略
③経営組織
④経営管理
⑤経営課題
学習の手引き
下記のサイトでご確認ください
URL:http://www.mqt.jp/books.html
合否基準
【上級】 
1次: 200点満点とし、130点以上を目安
2次: 300点満点の65%以上
【中級】
200点満点とし、(各分野100点)、130点以上かつ、
6科目の正解率が40%以上を目安
【初級】
100点満点とし、65点以上を目安



お問い合わせ先 一般社団法人 日本経営協会検定事務局
URL: http://www.mqt.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年8月18日 更新