添乗員能力資格認定試験

添乗員能力資格認定試験

その他

添乗員能力資格認定試験とは、今まで添乗員として身につけた知識・経験がどのレベルにあるかを客観的に評価する試験です。旅行会社が企画するパッケージツアーには欠かせない存在である添乗員のスキルを測ります。派遣料や日当に反映したり、添乗ランクや社内昇格の条件にしている会社も多くあります。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
年1回
〔一次試験〕2018年1月23日(火)
〔二次試験〕2018年3月20日(火) ※1級のみの実施
申込期間
2017年12月15日(金)
申込方法
所属会社担当者に申し出下さい。申込受付は所属会社経由となります。
※協会の正(賛助)会員会社所属でない3級受験希望者は、事務局へご連絡下さい。
受験料
【1級】5,000円
【2級】3,000円
【3級】1,000円
支払方法
受験申込締切日までに所定の口座に振り込み
受験資格
【1級】添乗年数:2年以上、添乗日数:200日以上
【2級】添乗年数:1年以上、添乗日数:100日以上
【3級】どなたでも受験できます。

※ 1級と2級は当協会の正会員会社および賛助会員会社所属の添乗員及び従業員で上記の添乗年数または添乗日数のいずれかを満たしている方のみ受験可能です。
試験会場
札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・鹿児島・那覇(予定)

※ 協会の正(賛助)会員会社に所属でない3級の受験地区は、東京・大阪のみとなります。
試験時間
【1級】195分
【2級】150分
【3級】 70分
試験方法
筆記試験
難易度
【1級】
他の添乗員の模範となる能力を所持している。

【2級】
状況に応じて柔軟な対応ができる能力を所持している。

【3級】
基本的な添乗が十分に行える能力を所持している。添乗員としての基本的な行動を十分とることができる能力を所持している。
出題範囲
【1級】
国内:〔一次試験〕業務知識、実務
   〔二次試験〕小論文
総合:〔一次試験〕業務知識、実務、英語
   〔二次試験〕小論文

【2級】
国内: 業務知識、実務
総合: 業務知識、実務、英語

【3級】
業務知識
学習の手引き
(一社)日本添乗サービス協会ホームページに過去問題と解説書を掲載しています。
合否基準
協会内に組織する判定会議にて決定します。
結果発表
合格者には認定証を発行
資格の更新
更新制度ではない

お問い合わせ先 一般社団法人 日本添乗サービス協会
URL: http://www.tcsa.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。