日本の資格・検定

資格・検定

Python試験

Python試験は、汎用のプログラミング言語Pythonの専門知識を評価する試験です。資格区分は2種類あり、プログラミングの基礎知識やPythonを使ったデータ分析の基礎や方法などが問われます。最近はデータ分析やIoTでPythonを活用する場面が増えているため、エンジニアの方はもちろんマーケティング職など非エンジニアの方にもおススメです。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【Python 3 エンジニア認定基礎試験】
文法基礎を問う試験

【Python 3 エンジニア認定データ分析試験】
Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験
実施日程
随時
申込期間
随時
申込URL
https://www.pythonic-exam.com/
申込方法
インターネット
受験料
【Python 3 エンジニア認定基礎試験】
〔一般価格〕11,000円(税込)
〔学割価格〕5,500円(税込)

【Python 3 エンジニア認定データ分析試験】
〔一般価格〕11,000円(税込)
〔学割価格〕5,500円(税込)
試験会場
全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
試験時間
60分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
40問(すべて選択問題)
出題範囲
詳細はこちらからご確認下さい。
【Python 3 エンジニア認定基礎試験】
https://www.pythonic-exam.com/exam/basic

【Python 3 エンジニア認定データ分析試験】
https://www.pythonic-exam.com/exam/analyist
合否基準
正答率70%
結果発表
試験終了直後に判定
備考
【再受験に関するルール】
同一科目に対して2回目の受験については制限はなし。3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験不可。

お問い合わせ先

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会
URL: https://www.pythonic-exam.com/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年10月13日更新


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴