ビル経営管理士

ビル経営管理士は、賃貸オフィスビルの経営管理に関する業務の専門家に与えられる資格で、不動産についての幅広い知識が求められます。具体的には、ビル経営の企画・立案、テナントの募集や契約交渉などの営業、建物の修繕等の管理・運営といった業務を行います。

基本情報INFORMATION

試験級
試験科目
〔企画・立案〕
〔賃貸営業〕
〔管理・運営〕
〔総合問題〕
実施日程
<2019年度>
2019年12月8日(日)
申込期間
<2019年度>
2019年10月1日10:00~10月31日23:59
申込方法
インターネット申込み
受験料
受験手数料:32,400円(税別)
受験資格
どなたでも受験できます。
ただし、試験合格後の登録には実務経験などが必要です。
詳細は公式サイトをご確認ください。
試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
試験時間
60分試験が4種類
試験方法
筆記試験(マークシート方式+記述式)
出題範囲
①賃貸ビルの企画・立案に関する知識
②賃貸ビルの賃貸営業に関する知識
③賃貸ビルの管理・運営に関する知識
資格の更新
登録有効期間は5年間です。5年ごとに更新登録が必要です。

お問い合わせ先 一般財団法人 日本ビルヂング経営センター
URL: http://www.bmi.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年7月9日 更新