CompTIA A+

この資格は、ソフトウェアとハードウェアのITスキルに加え、セキュリティやコミュニケーション等の実務能力を証明します。特定のベンダーに依存しない中立的な立場からエンジニアのスキルを認定しているのが特徴であり、世界で90万人以上の人が取得しています。

実施日程
随時
受験料
1科目 24,840円(税込)
受験資格
誰でも受験できる
(1年程度の実務経験、および同等のスキルをもつIT技術者を想定)
試験会場
全国のピアソンVUEテストセンター
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
出題範囲
CompTIA A+は、PCやモバイル機器、ノートPCといったハード面、オペレーティングシステムといったソフト面。またプリンターなどの周辺機器に関連した運用・管理、メンテナンスなどのスキルや知識を評価する認定資格で、1年程度の実務経験で必要とされるスキルと知識を評価できるよう設計されている。
CompTIA A+は、220-901試験と220-902試験の2科目で構成される(2科目合格でCompTIA A+認定)

【CompTIA A+220-901】 試験番号220-901
コンピュータテクノロジーの基礎としてPCクライアントやモバイル、タブレットなどのハードウェアや基本的なネットワークを中心に、これらに関連するトラブルシューティングについて出題される
ハードウェア34%/ネットワーク21%/モバイルデバイス17%/ハードウェアとネットワークトラブルシューティング28%


【CompTIA A+220-902】 試験番号220-902
WindowsやLinuxといったPCクライアント、また、iOSやAndroidといったモバイルデバイスのオペレーションシステムのインストールや設定、セキュリティについて出題される
Windowsオペレーティングシステム29%/その他のオペレーティングシステム12%/セキュリティ22%/ソフトウェアトラブルシューティング24%/運用手順13%

お問い合わせ先 CompTIA 日本支局
URL: http://www.comptia.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月16日 更新