廃棄物処理施設技術管理者

廃棄物処理施設技術管理者は、一般廃棄物処理施設、産業廃棄物処理施設に設置が義務づけられている国家資格で、施設の維持管理に関する技術上の業務の管理・監督を担当する専門家です。廃棄物処理施設は全国に多く存在しており、非常に需要が高い資格といえます。

試験級
【基礎・管理課程】
【管理課程】
実施日程
随時
申込期間
【基礎・管理課程】 原則開催日の10日前まで
【管理課程】 原則開催日の14日前まで
受験料
【基礎・管理課程】
118,800円 または 101,520円
※受講するコースによって異なります。

【管理課程】 64,800円
受験資格
【基礎・管理課程】
20歳以上であれば、どなたでも受講できます。

【管理課程】
学歴等に応じた実務経験が必要です。
試験会場
全国主要都市
試験方法
講習+修了試験
出題範囲
【基礎・管理課程】 講義内容はコースごとに異なります。
①廃棄物概論 
②構造と維持管理
③安全対策と安全衛生管理 
④測定・分析の実際

【管理課程】 講義内容はコースごとに異なります。
①廃棄物処理法と関係法規 
②管理監督の理論と実際
③廃棄物処理技術持論 
④施設の運営管理
⑤施設整備の計画と実際 
⑥処理機能の維持と評価
備考
《コース名》
・ごみ処理施設コース
・し尿・汚泥再生処理施設コース
・産業廃棄物中間処理施設コース
・産業廃棄物焼却施設コース
・最終処分場コース

・破砕・リサイクル施設コース
・有機性廃棄物資源化施設コース

お問い合わせ先 一般財団法人 日本環境衛生センター
URL: http://www.jesc.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月9日 更新