お墓ディレクター

日本のお墓文化の発展と、一般消費者に対しお墓に関する正しい理解と知識の普及を図るため、業界に携わる幅広い知識、教養を備えた方々を審査し、その活動の円滑化と支援を図ることを目的とした資格です。有資格者はお墓のプロフェッショナルとして、全国で活躍しています。

試験級
【1級】
【2級】
実施日程
1月下旬
申込期間
10月下旬~12月上旬
受検料
【1級】30,000円
【2級】30,000円

※協会会員及び会員企業の従業員は18,000円
受検資格
【1級】実務経験 3年以上の2級資格取得者
【2級】実務経験は問わないが、お墓及びお墓の関連業に携わる者
試験会場
札幌・仙台・東京・大阪・高松・福岡(2017年度実施)
試験方法
【1級】
 ①正誤判定30問、多肢選択20問(45分)
 ②記述式(90分)

【2級】
 正誤判定50問、多肢選択50問(90分)
難易度
【1級】24%(平均合格率)
【2級】96%(平均合格率)
出題範囲
【1級】主にテキスト「お墓の教科書」より出題
【2級】テキスト「お墓の教科書」より出題
学習の手引き
《参考書籍》日本人のお墓、過去検定問題集、模擬問題集
合否基準
1級・2級共に70点以上
結果発表
3月中旬
資格の更新
5年に一度更新が必要です。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本石材産業協会
URL: http://www.japan-stone.org/ohaka/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月16日 更新