ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)

ソフトウェア品質技術者資格試験は、すべてのソフトウェア技術者が品質技術を身につけ、実践していくことにより、ソフトウェア品質向上を実現するための重要な資格です。社外に対し、専門知識を有していることを証明することができます。試験では、ソフトウェア品質知識体系ガイド(SQuBOK Guide)第2版 をベースに、ソフトウェア品質全般に関する知識を問う内容となっています。

基本情報INFORMATION

試験級
【初級】
【中級】
実施日程
【初級】年2回(6月・11月)
<第22回> 2019年6月15日(土)
<第23回> 2019年11月16日(土)

【中級】年1回(11月)
<第10回> 2019年11月16日(土)
申込期間
【初級】
<第22回> 2019年3月1日(金) ~ 5月8日(水)15:00まで
<第23回> 2019年8月6日(火) ~ 10月3日(木)15:00まで

【中級】
<第10回> 2019年8月6日(火) ~ 10月3日(木)15:00まで
申込方法
専用Webサイトからのお申込み
受験料
【初級】
<第22回> 10,800円(税込)
(税抜価格:10,000円,うち消費税 8% 800円)
<第23回> 11,000円(税込)
(税抜価格:10,000円,うち消費税 10% 1,000円)

【中級】
<第10回> 16,500円(税込)
(税抜価格:15,000円,うち消費税 10% 1,500円)
支払方法
指定口座への振り込みのみ
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
【初級】
<第22回>
東京、富山、名古屋、大阪、福岡、那覇
<第23回>
東京、名古屋、大阪、福岡、他(予定)

【中級】
<第10回>
東京、大阪、他(予定)
試験時間
【初級】60分間
【中級】120分間
試験方法
【初級】マークシート形式
【中級】マークシート形式 & 記述式
問題数
【初級】40問(選択式)
【中級】42問(選択式25問+記述式(※)17問)
(※)穴埋め式:10問、説明式:5問、解説式:2問
出題範囲
ソフトウェア品質知識体系ガイド(SQuBOK Guide)第2版をベースに
ソフトウェア品質全般に関する知識を問う内容。

【初級】
・出題範囲は初級シラバス(Ver.2.0)に準拠しています。
・シラバス内には、知識レベルを設けておりますが、知識レベル 1~3で出題されます(※シラバスは不定期に更新されることがあります。ご注意ください)。
 ●初級シラバス
 https://www.juse.jp/jcsqe/content/#syllabus?jpjc

【中級】
・出題範囲は中級シラバス(Ver.2.0)に準拠しています。
・シラバス内には、知識レベルを設けておりますが、知識レベル 3~4で出題されます(選択式は知識レベル2~3で出題されます)。
・本資格運営委員会は、中級ソフトウェア品質技術者が遵守すべき倫理規定を定めています。中級資格受験者は、事前に必ず倫理規定 をご確認ください。
 ●中級シラバス
 https://www.juse.jp/jcsqe/content/intermediate/#syllabus?jpjc
学習の手引き
【初級】
・ソフトウェア品質技術者初級セミナー
・ソフトウェア品質知識体系ガイド(SQuBOK Guide)第2版
・初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)問題と解説 【第2版】
・初級ソフトウェア品質技術者資格試験 出題解説問題(Web掲載)
 ●資格対応セミナー
 http://www.juse.or.jp/sqip/seminar/list/index.html?jpjc

【中級】
・中級ソフトウェア品質技術者資格試験 出題解説問題(Web掲載)
 ●参考書籍
 https://www.juse.jp/jcsqe/study/?jpjc
 ●出題解説問題
 https://www.juse.jp/jcsqe/study/past/?jpjc
合否基準
【初級】70%程度
【中級】70%程度(選択式、記述式ともに)

お問い合わせ先 一般財団法人日本科学技術連盟 ソフトウェア品質技術者資格試験担当
URL: https://www.juse.jp/jcsqe/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年4月25日 更新