マーケティング・ビジネス実務検定(R)

マーケティング・ビジネス実務検定®は、マーケティング実務の知識を総合的に判定する検定試験です。特定の業種・業界にとらわれず、幅広い分野で通用する共通のマーケティング知識を測ります。また、ウェブマーケティングに関する最新の事例や手法も知ることができ、より実践的な検定といえます。

基本情報INFORMATION

試験級
【A級】
【B級】
【C級】
実施日程
<第47回C級・第42回B級>
2020年2月2日(日)

<第48回C級・第43回B級・第6回A級>
2020年6月7日(日)

<第49回C級>
2020年8月2日(日)

<第50回C級・第44回B級>
2020年10月4日(日)
申込期間
<第47回C級・第42回B級>
2019年12月3日(火)~2020年1月18日(土)

<第48回C級・第43回B級・第6回A級>
2020年3月31日(火)~5月23日(土)

<第49回C級>
2020年6月2日(火)~7月18日(土)

<第50回C級・第44回B級>
2020年8月4日(火)~9月19日(土)
受験料
【A級】12,760円
【B級】7,480円
【C級】6,270円
【A級B級併願】20,240円
【B級C級併願】13,750円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
東京、横浜、名古屋、大阪、福岡
※開催回によって変更になる可能性があります。
試験時間
【A級】
〔マーケティング知識〕1時間30分
〔マーケティング事例〕1時間40分

【B級】
〔マーケティング知識〕1時間45分
〔マーケティング事例〕1時間

【C級】
〔マーケティング知識〕1時間30分
〔マーケティング事例〕45分
試験方法
筆記試験
難易度
【A級】マーケティングの戦略立案、意思決定ができる
【B級】マーケティング業務の運営ができる応用レベル
【C級】定型業務をこなすために必要なマーケティング知識があるレベル
出題範囲
詳細はこちらをご確認下さい。
http://www.marke.jp/about/details.html
合否基準
【A級】
2科目合計点(300点)の各回、試験委員長が定める点

【B級】
2科目合計点(300点)の70%(210点)を基準として、試験委員長が定める点

【C級】
2科目合計点(200点)の80%(160点)を基準として、試験委員長が定める点

お問い合わせ先 国際実務マーケティング協会
URL: http://www.marke.jp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年12月13日 更新